美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

シリーズ「中勘助~流麗と幻想の間で」

シリーズ「中勘助~流麗と幻想の間で」~3日目 「思い出」を「流麗」に描いた「銀の匙」

シリーズ「中勘助」はいよいよ最後を迎えました。
最後は、このシリーズのメインとなる「銀の匙」を取り上げます。

銀の匙 (岩波文庫) 銀の匙 (岩波文庫)
中 勘助

岩波書店  1999-05-17
売り上げランキング : 2009

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<「銀の匙」ができるまで>

この「銀の匙」が書かれ始めたのは1910年であり、約2~3年ほどかかりました。ほぼ完成したときに夏目漱石に送ったところ「きれいな日本語」と絶賛・推挙を受け、東京朝日新聞の連載にこぎ着けました。1913年の話です。(ちなみに東京朝日新聞の連載は1913年4~6月、及び1915年4~6月と前後編に分かれて連載されました)

その連載が反響を呼び、岩波書店から単行本化されたのが1921年、やがて現在見る文庫になったのが1935年のことでした。今も愛されている文庫本版のものは75年以上経った今でも愛され、「灘中~」でも取り上げた通り、「超スローリーディング」の教材としても扱われるほどでした。

<「銀の匙」の魅力とは?>

先程も書きましたが夏目漱石が絶賛するように「きれいな日本語」であることに尽きますが、その日本語は刊行された1910年当時のものですので、若干難しい表現や漢字が存在するのも否めません。

しかし「難しい」と「多彩」は紙一重と言えるように、表現の幅を広げたい、もしくは日本語の可能性を広げたい、当時の時代背景を見てみたい、と言う人には本書を読むだけではなく、書写(ノートに書き写す)などをする事もおすすめいたします。

<「銀の匙」を見てみる>

著者が子供の頃に買い、取っておいた銀の匙(スプーン)を見つけ、それとともに少年時代の思い出を回顧している作品である。

執筆した時期が1910~1913年の時で、銀の匙が取り上げた時代は20世紀になる前の時と言えます。その時代における子供の遊びや学校、さらには社会について如実に表している印象でした。

人間模様も回顧しているせいか、事細かに記されており、読めば読むほど面白さが出てくる、という印象もありました。

―――
<おわりに>

当初は「銀の匙」だけを取り上げようと思っていました。
しかし、その「銀の匙」を読んでいくうちに、中勘助という人物は何物なのか、
そして彼は「銀の匙」の他にどのような作品を生み出したのか、と言うのを知りたくなり、今回のシリーズを行おうと考えました。

今回の作品で最も難しかった点、それは「作品の選定と入手」にありました。
「銀の匙」や「犬」「提婆達多」と言った作品は一般の書店でも出回っているのですが、他の小説や随筆と言った作品は刊行そのものが古く、かつ一般の書店でも扱わない、もっと言うと、図書館でも書庫から探さないと無いと言うほどでした。

そういったプロセスと紹介のなかで気付いたのが一つ、まだまだ中勘助に限らず埋もれている作品がまだ残っているのはある、と言うことです。

自分自身もその気付きによって、自分自身も埋もれていた本を紹介しながらその価値を広める使命感を再認識した、シリーズでした。

シリーズ「中勘助~流麗と幻想の間で」~2日目 「生活」と「追想」を描いた随筆

本来であれば昨日取り上げる予定でしたが、都合により本日取り上げることとなってしまいました。大変申し訳ございません。

一昨日も書いた通り、2日目は随筆作品について取り上げてみたいと思います。
随筆は短編が多いのでこちらの文献からいくつか取っていきたいと思います。

<妹の死>

1912年の夏に取り上げられた作品です。今から100年以上前の作品です。中勘助作品のなかでも初期の頃と言えます。

舞台はその作品が発表される18年前の秋の頃に妹の死に遭遇したときにおける、自らの心情を文章にしている所です。18年前と言えばちょうど日清戦争が始まった時です。

そこには「銀の匙」(初出版)のことについても言及されており、その原稿を作成しているときに遭遇したそうです。

<夏目先生と私>

初日にも書いたのですが、中勘助と夏目漱石の関係は高校の時からの仲であり、師弟関係を築いていきました。

その中勘助と夏目漱石が当時の一高(現:東京都立日比谷高等学校)の一年生の時、授業で初めて出会ったのだと言います。生真面目のように見えていて、落語をほぼ毎日のように聞いていたことから(特に三代目柳家小さんを贔屓にしていた)、言い回しやジョークが独特でした、紳士の風貌でありながら、人間嫌いの中勘助にとっては最良の恩師でした。

<母の死>

1935年に中勘助の母が亡くなりましたが、その亡くなるまでの母の状態と自分の心情について、断片的に書いたものを取りまとめた所です。

おそらくメモ帳にその時々の心情や詩を記録し、それをひとつの随筆としましたが、細々とした心境の変化はあれど、母が生き続けてほしいという切実な願いは一貫していました。

<遺品>

終戦を迎える1ヵ月ほど前のことを記しています。
中勘助の兄が戦死し、遺品整理を行ったときの事を随筆とした作品です。

兄は生前、弟の勘助を馬鹿にしており、本人も兄を嫌っていたのですが、遺品整理している最中に、兄弟の思い出の品とともに、兄の弟に対する本心も垣間見たと言います。

<独り碁>

中勘助は碁にも造詣が深かったと言えます。晩年は作品はあまりつくらず、親友や弟子と歓談する他は、ほとんど独り碁を行っていたと言います。

その独り碁の趣味は30歳の時から長らく行っていたと言います。

さて、明日はいよいよ著者の原点である「銀の匙」を取り上げていきたいと思います。

シリーズ「中勘助~流麗と幻想の間で」~1日目 「宗教」と「幻想」を描いた小説

今日から3日間にわたって、「中勘助作品」を取り上げていこうと思います。
3日間を大きく分けると、このような形となります。

その1:小説(「銀の匙」を除く)
その2:随筆
その3:銀の匙

今までのシリーズの中では最も短いものとなりますが、大きく分けて中勘助の考えと作風を見るとしたらこのような形となりました。

さて、めくるめく中勘助の世界を作品とともに見てみましょう。

<犬>

犬―他一篇 (岩波文庫) 犬―他一篇 (岩波文庫)
中 勘助

岩波書店  1985-02-18
売り上げランキング : 60958

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中勘助は仏教に精通しておりましたが、「無仏教」という考え方に属していました。その「無仏教」を象徴づける作品として今回取り上げる、「犬」や「提婆達多」が挙げられます。

まず「犬」ですが、この作品は1922年に発表された作品と、中勘助作品の中では初期に当たる作品と言えます。

一見「犬の一生」を描いているイメージを持ってしまうのですが、実はインドのとある宗教が舞台であり、その僧侶が呪法で自分とその周りを「犬」に化けさせ、本来ある欲望に溺れ込む、という設定です。仏教で言うところの「煩悩」と言うべき所でしょうか。

本書の舞台は決して仏教ではありませんが、その幻想に満ち、かつ「煩悩」にまみれた作風は人間としての「業(所行のこと)」を表していると言っても過言ではありません。

<提婆達多(だいばだった)>

提婆達多(でーばだった) (岩波文庫 緑 51-5) 提婆達多(でーばだった) (岩波文庫 緑 51-5)
中 勘助

岩波書店  1985-04-16
売り上げランキング : 344778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

提婆達多は、

「釈尊の従弟で、斛飯王(こくぼんのう)の子。阿難の兄弟。出家して釈尊の弟子となり、後に背いて師に危害を加えようとしたが失敗し、死後無間地獄に堕ちたという。デーヴァダッタ。天授。調達。」(「広辞苑 第六版」より)

とあります。本書はその提婆達多の悲劇による形で描いた作品です。「銀の匙」と比べても暗く、それでいて幻想的でありますが、提婆達多や仏陀がいた時代のインドの背景を映し出している作風は「銀の匙」にある流麗なものとは異なり、提婆達多の心情をまざまざと描いている印象が強い作品です。

前後編に分かれており、前編では釈尊の教えのジレンマに苦しみ、後編ではそのジレンマから抜けだそう、もしくは釈尊を越えようとせんと、釈尊に殺しにかかろうとし、失敗。結局仏教とは何なのかと言うのをわからずして地獄に堕ちてしまいました。

仏教とは何かについて、人を越えること、そしてその越えて行くにあたり嫉妬や恨み、辛みを表に出してきた提婆達多が表れる作品です。

<鳥の物語>

鳥の物語 (岩波文庫 緑 51-2) 鳥の物語 (岩波文庫 緑 51-2)
中 勘助

岩波書店  1983-01-17
売り上げランキング : 267782

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この「鳥の物語」を全て見ると、中勘助はつくづく鳥を見るのが好きという印象を持ってしまう。

いわゆる「鳥」にちなんだ物語の作品集であるが、収録されているものが「戦前」「戦中」「戦後」に渡っており、最も古いもので1929年、最も新しいもので1962年、30年以上にわたって鳥にまつわる物語に憧れ、描き続けていったと言えます。

具体的にどのような「鳥」を取り上げたのか、挙げてみると、

「雁(がん)」「鳩」「鶴」「雲雀(ひばり)」「斑鳩(いかる)」「雉子(きじ)」「鶯(うぐいす)」「白鳥」「鷹」「鵜(う)」「鷲(わし)」「鵲(かささぎ)」

があります。しかもそれぞれの鳥の物語で舞台は異なり、ある話では中国大陸(儒教)、ある話ではイスラエル(ユダヤ教)、ある話ではエジプト(キリスト教)、ある話では日本(仏教や神道)といった舞台が出てきます。括弧書きで書いているのですが、いずれもそれぞれの宗教が絡み合って、その絡みから鳥を引き合いに出しているため、「幻想」と呼べる様な世界に入って行く感覚を覚えます。

今回取り上げた小説は中勘助作品の中から代表するものを選んでおりますが、全集となると、どのような世界になるかはわかりません。全集取り上げるのは…後の機会にと言っておきます。

では、明日は随筆作品を見てみましょう。

シリーズ「中勘助~流麗と幻想の間で」~1日目 中勘助とは?

昨月は「貞観政要」という中国大陸の古典でしたが、今月のシリーズは日本文学を取り上げていきたいと思います。

その中で、先月末に「灘中 奇跡の国語教室 - 橋本武の超スロー・リーディング」という本でシリーズを行うかもしれない、と言ったのですが、それを実現する形となります。

そう、今月はシリーズ「中勘助」と題して、代表作である「銀の匙」を筆頭に様々な作品について取り上げてみよう、と言うものです。

では「中勘助」とはどのような人物なのでしょうか?

まずは有名どころで調べてみると、

「東京現千代田区神田東松下町(旧今尾藩主竹腰家邸内の家)で生まれた。東京府立第四中学校(現在の東京都立戸山高等学校)を経て、第一高等学校から東京帝国大学文学部英文科まで続けて夏目漱石の講義を受ける。国文科に転じて大学を卒業した後も、早稲田南町の漱石山房をしばしば訪問している。しかし控えめな人柄から、漱石山脈の中では目立たない存在として通した。文壇政治から常に距離を置き、特定の派閥にとらわれない孤高の文人だった。」wikipediaより一部抜粋)

とある。夏目漱石とは大学生時代は先生と生徒、さらには双方文壇の舞台に立ってからは師弟に近い関係であったことから夏目漱石とはかなり近いところにいたと言えます。言うまでもなく、毎週木曜日に行われた「木曜会」のメンバーでしたが、そのメンバーの中でも控えめな人であったことから、あまり目立たなかったと言われています。

夏目漱石の死後、「木曜会」から改名された「九日会」(漱石の命日が「9日」だったことにちなんでいる)には参加しているかどうかは不明でしたが、それと同時に中勘助を主宰とした読書会も開かれるようになった。1937年の話である。

そのきっかけは後に門下生となる人物たちが、中勘助の作品を取り上げたことが縁となり、そこで中勘助宅に訪れた事が始まりだったと言います。

物静かであり、目立たなかった存在だった中勘助。しかし、なぜ漱石の死後、彼は慕われる人ができ、読書会まで開くようになったのでしょうか。

そこには「銀の匙」をはじめとした作品の魅力があり、それに引きつけられ、行動を起こしたからかもしれません。

では、明日以降は実際に中勘助の作品を見てみましょう。


参考文献

1.wikipedia
2.「中勘助せんせ」

中勘助せんせ 中勘助せんせ
鈴木 範久

岩波書店  2009-12-10
売り上げランキング : 827153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング