美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

セミナー&パーティー出席記録

志縁塾プレゼンツ 出版記念「特別講演」2011 感想

一昨日は知り合いのお誘いで「志縁塾プレゼンツ 出版記念「特別講演」2011」に参加いたしました。

「志縁塾」とは2003年に大谷由里子さんらが設立し、講師養成や研修事業などを行っているそうです。
「志縁塾」という名前の由来は「志」を持つ人をつくり、「志」を持った人との「縁」を結び、そして「支援」していくことから名付けられたそうです。
(詳しくは「会社概要」にて)

今回は支援塾の中から選りすぐりのイケメンの方々3人の講演と大谷由里子さんの絶妙な司会と充実した内容でした。

Ⅰ.藤冨雅則

パフォーマンスも含めて「目標」や「覚悟」などをテーマとした講演でした。

パフォーマンスの時にはハプニングがあり、それが後のパーティーにてネタになったのはご愛嬌と言ったところでしょうか。

他にも著書にもあるように営業時代のエピソードについても語られました。

Ⅱ.黒岩禅

TSUTAYA伝説の店長として語り継がれている方の講演です。

もっとも印象に残ったのは黒岩さんの生い立ち。まさに幼少の頃から「波瀾万丈」という言葉が強く印象づけられました。それと同時に「伝説の店長」の礎をそこで築いたという感じさえしました。

あと、離婚届の話は強烈でした。夫婦仲を回復させたい人にとってはこれ以上無い特効薬(?)と言えるかもしれません。

Ⅲ.武田和久

「心理学」や「行動特性」などを研究している方の講演です。ビジネスの席亜でも保険営業にて数々の記録を打ち立ててきた方ですが、その前後のエピソードについても余すところなく語られました。

ほかにもオープニングや司会をこなしていた志縁塾代表の大谷由里子さんのトークも笑いなど軽妙なトークの中で心に響く言葉がぎっしりと詰まっており、聞く人を飽きさせないようなものでした。

セミナーやパーティーに参加する私ですが、「志縁塾」については名前以外はあまり知りませんでした。しかし今回初めて「志縁塾」の講演を聴いて、聞く側をいかに飽きさせず、かつ本当に充実した内容になるか、を互いに切磋琢磨しながら、講師を育てていくという感じを受けました。また「志縁塾」の講演を聞いてみたいという印象もありました。

今回この会を主催した大谷さんをはじめとした志縁塾のみなさま、講師の藤冨さん、黒岩さん、武田さん、そして名刺交換をしてくださった皆様、本当にありがとうございました!!

出逢いの大学カンファレンス 感想

一昨日はちばともさんこと千葉智之学長主催の「出逢いの大学カンファレンス」に参加いたしました。

「出逢いの大学」という名でのイベントが開催されたのは昨年の12月に開催された「出逢いのラテン大学」というイベントが行われて以来のことです。私自身の参加も昨年2月に行われた「出逢いの大学 特別講座 vol.4」以来です。

今回は「カンファレンス」と言うことで学長を含め11人もの方がそれぞれ15分間のプレゼンを行う形式でした。一つずつ手短に内容と感想を。

Ⅰ.小山龍介

2月にはいきなりライブ(?)をやっていた方ですが、今回は「居場所」「時間」が中心のプレゼンでした。「Hacks!」を織り交ぜながら考えさせられました。

Ⅱ.小倉広

小倉さんの十八番といえる「リーダー論」がテーマでした。その例えとして使ったのが「卵」と「ベーコン」。なかなか深かったです。

Ⅲ.小室淑恵

「ワークライフバランス」がテーマでしたが、それ以上にトラブルが頻発した状況の中、冷静に対処しながらプレゼンしていたのが印象的でした。

Ⅳ.山田真哉

「平清盛と経済学」という思わず「?」となるようなテーマでしたが紐解いていくと「納得!」と思わせる様なプレゼンでした。

Ⅴ.ジョン・キム

ジョンさん自身の生い立ちとともに人生の送り方のプレゼンでした。

Ⅵ.豊田圭一

「グローバル」をテーマにしたプレゼンでした。最初の動画が印象強かったです。

Ⅶ.原尻淳一

「アイデア」と「学び」のテーマでした。机上で学ぶだけではなく、実際に足を運んで学ぶ大切さを教えてくれました。

Ⅷ.和田裕美

陽転思考…かと思いきやぶっつけ本番の15分プレゼンでしたが、家族の話に思わず涙でした。

Ⅸ.熊坂仁美

Facebookの可能性についてのプレゼンでした。可能性ばかりではなく、伝えることの在り方まで広がっていき、Facebookのみならずソーシャルメディアの使い方を考えさせられました。

Ⅹ.内藤忍

投資にまつわるプレゼンでした。投資がいかに経済に役立てられているのか、いかに重要かを考えさせられました。

ⅩⅠ.千葉智之

最後は「出逢い」をテーマにしたプレゼンでした。「つながり」を持つことの大切さを学べたプレゼンでした。

講演の詳しい内容はtwitterのハッシュタグ「#deaic」にて掲載してあります。

懇親会も大盛況でパワーディナーさながらでした。

今回この会を主催したちばともさん、登壇された皆様、名刺交換した皆様、本当にありがとうございました!!

TANOカフェ 第2回 「コミュニケーション」 感想

2日連続のセミナー記録です。

日曜日は「TANOJP」の運営メンバー主催の「TANOカフェ 第2回 「コミュニケーション」」に参加致しました。

TANOカフェはFacebookなどで見たり聞いたりしていましたが、実際に参加するのはこれが初めてです。

ではTANOカフェとはいったい何なのか、それは、

「日本を楽しくすることを目的とした、有志による集まり」

つまり、「日本をどのように楽しくできるか」をとことん突き詰める方々が集まるカフェです。TANOカフェの運営メンバーには錚々たる顔ぶれです。

横田尚哉さん上村俊彦さん勉子さんこばやしさんsugiyuzuさんtravelbookcafeさん仲野孝明さん

TANOカフェについて長々と語ってしまいましたが、今回のテーマは「コミュニケーション」というお題で、どのようにして「コミュニケーション」を楽しくしていくのか、自らの体験談を交えて各グループでシェアをするという形式でした。

コミュニケーションの得意な人、苦手な人、あるいはそもそもコミュニケーションとは何かわからない人も自分なりの「コミュニケーションを楽しくする方法」を話したり、そして学んだりすることができました。

勉強になりつつ、様々な角度で「コミュニケーションを楽しくする方法」を見いだせるというところを考えると、コミュニケーションがいかに楽しいかというのも見出してくれる、そんな会だったと思います。

今回この会を主催した「TANOカフェ」運営メンバーの皆様、ともにシェアをしてくださった皆様、本当にありがとうございました!!

出版記念セミナー『ずるい考え方 ゼロから学ぶラテラルシンキング入門』 感想

久々に参加したセミナー記録です。

先週の土曜日にはビジケン(ビジネススキルアップ研究会)主催の「出版記念セミナー『ずるい考え方 ゼロから学ぶラテラルシンキング入門』」に参加致しました。

講師は上記の著書を出版された木村尚義さん。

ビジネス書では「ロジカルシンキング」と並び「ラテラルシンキング」も重宝されておりますが、ロジカルシンキングよりもあまりピンとこない印象があります。私も本書に出会うまではその一人でした。

主にラテラルシンキングの入門ですが、読んでいくうちに思わず「ずるい!」と叫んでしまいたくなるようでいて、考えることがより楽しくなる一冊という印象を受けました。

今回の講演では「シンキング入門」なので、ワークやディスカッションが中心でした。早速今回取り上げられた問題を一つ。

・「オレンジ13個を3人で公平に分けるには、あなたなら、どうしますか?」

ラテラルシンキングはロジカルシンキングとは違い答えは数多くあります。考えていけば考えていくほど「固定観念」の箍(たが)が抜けていき、「発想」にも似た考え方をする事ができる様な感覚でした。

他にも時事的なことも含めて「考える」こと、そして「ラテラルシンキング」の楽しさを学ぶことができた1時間半でした。

今回この会を主催したビジケン代表のウィンさん。講師の木村さん。ワークやディスカッションでご一緒してくれた皆様、名刺交換をしてくださった皆様、本当にありがとうございました!

『29歳からの人生戦略ノート』出版記念講演会&サイン会 感想

5日に「『29歳からの人生戦略ノート』出版記念講演会&サイン会」のイベントに参加致しました。

「出版記念講演会」という名目ですが、形式はパーティーという形で、主催者の金田博之さんをはじめとした方々が10分弱講演をするというものでした。

金田さんの他にも、太田彩子さん松宮義仁さんらも登壇されました。その後サインもきっちりいただきました。

パーティー、及び講演の中で最も印象に残ったもの、それは金田さんのモチベーションと「思い」の強さがひしひしと伝わったことにあります。

近日中に書評を致しますが、これまで多く見てきた「ノート」術では「過去」や「現在」の足跡をつける、と言うのが多かったのですが、金田さんのノート術はまさに「未来」を描くために過去・現在・未来を記録している術なのだなと感じました。

ためになる話ばかりではなく、当ブログでも書けないような金田さんの裏話に大爆笑、とあっという間の2時間でした。

金田さん、太田さん、松宮さんをはじめ、登壇された皆様、名刺交換をしてくださった皆様、本当にありがとうございました!

2011年大胆ヒット予測~5人のビジネス書ベストセラー作家が2011年を生き抜くビジネスサバイバル術を伝授! 感想

2月12日は「『2011年大胆ヒット予測』~5人のビジネス書ベストセラー作家が2011年を生き抜くビジネスサバイバル術を伝授!~」に参加いたしました

テーマは2011年のトレンドや経済やビジネスを徹底的に予想していこうという文字通りの企画、と同時に小山さんが主催する勉強会「SYNAPSE(シナプス)」の特別版として、有名ビジネス著者さんらがそれぞれプレゼン&パネルディスカッションを行う形式でした。では感想を短めに。

Ⅰ.原尻淳一

原尻さんはメインテリトリーである音楽業界とマーケティングについてのプレゼンでした。タイムオーバーで結論こそは聞けませんでしたが、業界やマーケティングのあり方がよくわかるプレゼンでした。

Ⅱ.午堂登紀雄

午堂さんは「立ち位置と時間軸」が印象的でした。他にもホームグラウンドとも言えるマネー市場などにも言及しておりました。

Ⅲ.千葉智之

今回はちばともさん自身の「三大ヒット予測」のプレゼンでした。とりわけ三つ目はこれから注視していかなければいけませんね(笑)。

Ⅳ.村井瑞枝

「図で考えるとすべてまとまる」で有名な村井さんらしく昨年のキーポイントを図解で示してくれました。見事にわかりやすく、かつ「痛快!」と言えるプレゼンでした。

Ⅴ.小山龍介

どのように予想するのか・・・と思いきや講演、というよりもなんと「ライブ」でした。まさか10分間のプレゼンをこういう風に使うとは…。

他にもグッドプレスの編集者や日経ビジネスアソシエの編集者、さらには慶應義塾大学准教授の金正勲(キン・ジョンフン)氏も登壇され、時にはためになり、時には大爆笑のイベントでした。

今回登壇された皆様、ためになるお話、本当にありがとうございました!

【Reading-Lab】「3周年記念特別企画@汐留」感想

昨日はまさ@blueさん主催のリーラボに参加致しました。

リーラボ自体は昨年の1月以来、ほぼ毎月のように参加しておりますが、リーラボの感想を書くのは…約4ヵ月ぶりですね。

それはさておき、私のテーブルではこのような本が紹介されました。

ちなみに私はこの本を紹介しました。

ノマドに関して、さらに著者の上田氏についてなど様々な事を語りました。唯一の心残りはTSUTAYAにてこの本に関する講演のDVDがレンタルで出ると言うことを言っていませんでした。たしか来月・再来月になるという話を聞きましたが…。

感想はというと、リーラボに参加してまだ1年ですが、この1年の中で他のセミナーではお会いすることのできない方と本について語ることができ、実りの多かったです。しかしプレゼンスキルなど磨ける要素もまだリーラボの中で沢山あるので継続参加しながら磨いていきます。

今回この会を主催されたまさ@blueさん、スタッフの方々、私と同席された皆様、名刺交換をしてくださった皆様、本当にありがとうございました!!

日本経済新聞を読む朝食会。(第47回) 感想

昨日は愛妻家・大田正文さん主催の「日本経済新聞を読む朝食会」に参加いたしました。

今回も当日に朝刊を買い、どれを話そうかと言うことを考えながら会場へ。

ちなみに会場はいつもの、有楽町駅近くにある「帝国ホテル」

今回はいつもの記事の感想+フリートークという形式(一巡のみ)。

私のいたテーブルでは以下の記事が取り上げられました(一部のみ)。

・3DS国内出荷 1ヵ月で150万台計画(9面)
・“寺子屋”で先生の育成を(5面)
・竹灯籠で照らす冬の風物詩(23面)
・参列者は“私たち”だけ(27面)
・ガンダム酷似像 遊園地が撤去(26面)

ちなみに私はこれを取り上げました。

・関西で素読教室 漢文を知れば新たな発見(26面)

漢文の素読の記事についてを取り上げながら、論語や孟子の解釈本について、原文を読んだ経験などについて皆に聞きながら…という形式で行いましたが、途中詰まる所もあり、あまりうまくいきませんでした。「これは!」と言う記事もなく、選ぶのにも苦戦したことも原因でした。。。

今回も様々な視点・観点を知ることができ、かつ学ぶことができました。

今回この会を主催した愛妻家・大田さん、一緒にディスカッションをしたグループの皆様、名刺交換をしてくださった皆様、本当にありがとうございました!!

日本タイトルだけ大賞2010 感想

遅くなってしまいましたが12月11日に開催された、「日本タイトルだけ大賞2010」に参加致しました。

昨年に引き続き参加致しましたが、何とも「タイトルだけ大賞」にふさわしい強烈なタイトルが勢揃い。ちなみに厳選された100のタイトルを紹介したのは、今年の7月に発売されたアプリ「朗読少女」の乙葉しおりちゃんでした。中にはここでは紹介できない物もあり、しおりちゃんも恥ずかしくて読めなくなると言うハプニング(?)に、審査員の一人であるdankogai氏が鋭いツッコミ。大爆笑の連続でした。

そんなこんなで大賞が決まり、この作品が選ばれました。

ちなみに昨年注目だった残念賞は…、

でした。

個人的には、山田真哉賞の作品に選ばれたこれ、

タイトル三段オチ。。。

続いて古瀬絵理賞のこちら、

えーと。。。スイカップっていわれていましたっけ?

タイトルだけ大賞は他にも2010年の出版業界や来年の展望についても熱く議論されていました。ブログやtwitterでは語ることのできない内容ばかりでした。Ustreamでも生中継されていましたが、本当にやばい時は音声を止めてといった配慮も(笑)。

笑いあり、学びありの充実した会でした。

今回実行委員を務められた、山田真哉様、上田様、ヨシナガ様、そして今回名刺交換をしてくださった皆様、本当にありがとうございました!!

復活。UNDERGROUND_第0回 感想

昨日は美崎栄一郎さん主催の「復活。UNDERGROUND_第0回」に参加致しました。

「UNDERGROUND」というと昨年の1月?から11月11日までほぼ月1回ペースで開催されていた勉強会です。初めての開催と言うよりもタイトルにもあるように「約1年ぶりに復活!」と言う方が私はしっくりきました。

さて第0回にあたる今回の講師は、大手資格専門学校講師で、延べ3000人もの生徒を指導してきた多田健次さん。多田さんは昨年の4月に「聞くが価値×UNDERGROUND」でも最初に講演をされていたので通算2回目…と言うべきでしょうか。

今回は今までの著書2冊の内容とともに、プレゼン方法に至るまでの講演でした。特にプレゼンに関しては自らのプレゼン資料を基に、下地づくり、本番前、本番とどのような事をしていけばよいかについてまさに目から鱗とも言えるべき内容でした。実際どのような資料化については……「ひみつ」ということで。

今回学んだこととして大きかったことは、「とにかく行動をすること」「とにかく練習すること」でした。ビジネス書全体に言えることですが読んだこと、セミナーで学んだことはまず行動に落とし込んでみる、または練習を重ねて会得をすること、雑念を捨ててとにかくそれを一目散にやると、自分では気づかないが成長するのか、と感じました。

今回この会を主催した美崎さん、講師の多田さん、chieさん、バッチ@systemさんらスタッフの皆様、本当にありがとうございました!!

より以前の記事一覧

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング