美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 村上春樹―「喪失」の物語から「転換」の物語へ | トップページ | 2013年 F1中国GP ハミルトンがPP獲得!! そして優勝予想 »

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上 春樹

文藝春秋  2013-04-12
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「喪失」から「転換」へ、そして「没個性」へ―

本書は過去の村上春樹作品の「集大成」と「現在」を描いているような印象があった。
「没個性」は「色彩を持たない」と言うことにも言うことができる。いや、むしろ多崎つくるにいる周りの人物が、様々な「色」を持っていることにより、「色」が重なり合うことによって無色透明の「色彩のない」存在になったのかもしれない。

「喪失」から「転換」、それは自分自身の「死」の意味を考え、それを目指していた自分から、友人やその周りの人たちに求めようとした感情が、その展開を呼び起こしたのかもしれない。やがて時は過ぎ、周りの人たちと離れ、彼は「色」を失っていった。そしてその「色」を探しに彼は、「巡礼」のごとく旅に出かけた。

「巡礼の年」
これは宗教的な巡礼ではなく、ある「ピアノ曲」からつけられている。

その「巡礼の年」は作曲家が長年にわたってその国々に行ったときの印象を表現し、曲にして書き留めたものである。その「巡礼の年」と多崎つくるをはじめとした周りの人物たちの印象、そして東京・名古屋・フィンランドと広がる舞台は、あたかもその曲の憧憬とを重ね合わせるような錯覚を覚えてしまう。「彼の巡礼の年」はおそらく彼の半生の中で印象に残ったものを時・場所とともに「巡礼」していることから曲とストーリーが重なって映る。

本書は集大成であり、今の日本の社会、それも私たち自身を映す反射鏡のような作品と言える。

そしてその反射鏡の向こう側にはどのように存在するのか。それは村上春樹本人の胸中にある他ない。

« 村上春樹―「喪失」の物語から「転換」の物語へ | トップページ | 2013年 F1中国GP ハミルトンがPP獲得!! そして優勝予想 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/51210004

この記事へのトラックバック一覧です: 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年:

« 村上春樹―「喪失」の物語から「転換」の物語へ | トップページ | 2013年 F1中国GP ハミルトンがPP獲得!! そして優勝予想 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング