美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« グローバル時代の文章術 Q&A60 | トップページ | ブログ移転のお知らせ »

会社が消えた日

会社が消えた日 会社が消えた日
水木 楊

日本経済新聞出版社  2009-06-26
売り上げランキング : 777550

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いつもの通り出勤していた矢先、会社そのものがなくなってしまった、という物語である。
気がついたら自分の席がなくなっている、つまり突然解雇されたというエピソードもあれば、いつも通り出勤したら、いつの間にか倒産し、会社も閉鎖されたということは現実として起こりうることである。

しかし「会社」のある建物そのものがなくなることは、私の中では聞いたことがない。何せSF小説と呼ばれる作品だからである。
その不可思議の現象から主人公のサラリーマンは陰謀なのか、それとも誰が仕組んだことなのかを探り始めた。

しかしそれを探っていくうちに「会社」とは何か、「仕事」とは何か、というのを抉り出す。
本書を読んでいくうちに、自分自身が社会人として、会社員としての「本質」を見出しているのと同時に、私たちが持っている「会社観」というのを浮き彫りにしているような気がしてならなかった。

仕事がよくても、会社がよくても、「明日」はどうなるか分からない。今ある環境の中で、自分自身のベストを尽くすことが大切であることを語っているように思えてならない。
本書はSF小説でありフィクションであるのだが、社会小説であり、かつノンフィクションでも遜色ないほど、強烈なメッセージが込められている。

« グローバル時代の文章術 Q&A60 | トップページ | ブログ移転のお知らせ »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/51428234

この記事へのトラックバック一覧です: 会社が消えた日:

« グローバル時代の文章術 Q&A60 | トップページ | ブログ移転のお知らせ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング