美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« ありがとう | トップページ | 今を生きる―東日本大震災から明日へ!復興と再生への提言〈1〉人間として »

すかたん

すかたん (のじぎく文庫) すかたん (のじぎく文庫)
山崎 佑次

神戸新聞総合出版センター  2012-11
売り上げランキング : 861759

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大阪弁ではこのような言葉がある。

「やたけた」…「なげやり、破れかぶれ、自暴自棄」
「ごりがん」…「ごり押しでがんがんいく人」
「すかたん」…「当てが外れること。見当違いなことをした人」

本書はタイトルにある通り、その中でも「すかたん」と言う言葉がよく似合う人として、著者自身のことについて綴っている。本書の最後には映画監督である崔洋一氏が寄稿しているのだが、著者は今年1月に亡くなられた大島渚監督の下で仕事をした方である。著者と崔氏とはともに仕事をする事がなかったのだが、「大島組」と呼ばれる大島監督の取り巻きの中で兄弟分としてつきあいがあったという印象が強いと崔氏は語る。

その著者の自伝的作品と言えるのが本書である。本書のタイトルにある「すかたん」という名の如く、自らの学生から現在までの人生を回顧している。

« ありがとう | トップページ | 今を生きる―東日本大震災から明日へ!復興と再生への提言〈1〉人間として »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/50689053

この記事へのトラックバック一覧です: すかたん:

« ありがとう | トップページ | 今を生きる―東日本大震災から明日へ!復興と再生への提言〈1〉人間として »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング