美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 海の色が語る地球環境 | トップページ | ファミコンの驚くべき発想力 -限界を突破する技術に学べ- »

無冠の父

無冠の父 無冠の父
阿久 悠

岩波書店  2011-10-14
売り上げランキング : 254932

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者である阿久悠氏は2007年に逝去された。彼の母校である明治大学に著者の記念館を開設するにあたり、遺された品の中で見つかった「未完の作品」がこの「無冠の父」である。ただ、本書の作品は一度も陽の目を見なかった。1993年に執筆したのだが、校正の際、編集者と対立してしまい、以降お蔵入りとなったのだという。にもかかわらず本人よりも遺族の了承で刊行されたのだが、果たして勝手に校正されたのか、そのままの状態で刊行されたのかわからない。巻末の経緯については一筆でも良いのでそれを書いてほしかったことが悔やまれる。その一言があるだけでも、純粋に著者が作ったのかどうかがわかるのだから。

経緯はここまでにしておいて、本書の話に入る。
「無冠」という言葉は決してネガティブな言葉ではない。

F1の世界でも「無冠」でありながら、名声を得たドライバーとして、スターリング・モスやジル・ヴィルヌーヴが挙げられる。F1の世界に限らずとも、様々な世界で「賞」など形のある名声を得ることができなくとも、人々の記憶に残るような人も少なくない。それは企業など組織の世界でも同じことである。

生涯「巡査」でありながらも警察の仕事を実直に取り組んだ父を持つ子がどのように思ったのかを描いている。形は違えど自分自身の家族をモデルに描いているのだという。

« 海の色が語る地球環境 | トップページ | ファミコンの驚くべき発想力 -限界を突破する技術に学べ- »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/49159431

この記事へのトラックバック一覧です: 無冠の父:

« 海の色が語る地球環境 | トップページ | ファミコンの驚くべき発想力 -限界を突破する技術に学べ- »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング