美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« アニメ学 | トップページ | フリーランスで食っていきたい! »

Sign with Me~店内は手話が公用語

Sign with Me: 店内は手話が公用語 (ヒューマンケアブックス) Sign with Me: 店内は手話が公用語 (ヒューマンケアブックス)
柳 匡裕

学研マーケティング  2012-12-11
売り上げランキング : 16617

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

商品が多様化するように店もまた多様化する。
様々な環境に置かれ、様々なハンディを持つことももはや珍しくない。耳が聞こえず、手話でしか話すことのできない、いわゆる「ろう者」もまたその一部である。
その「ろう者」の為のカフェが東京都文京区本郷に存在する。
その名も「-SocialCafe- Sign with Me」
本書はそのカフェが設立するまでの経緯を綴っている。そこには、日本が「バリアフリー社会」先進国と言えるのだが、それでもまだ構築できていない「穴」を映し出している。

第1章「聴者社会の息苦しさ~ろう者が働くというのは」
著者はこのカフェを開業するまで、じつに4回職を変えた。その中で健常者とろう者とのギャップ、そのギャップの中で就職活動でも苦労を重ね、ようやく就職した会社も挫折。その連鎖を4回繰り返した。しかし最後の4回目で自ら起業するきっかけを得た。

第2章「どん底から立ち上がる」
起業は出版と同じく「出産」と同じような意味合いをとることができるのかもしれない。簡単にいえば、ともに「産みの苦しみ」があるためである。
とりわけろう者の起業は、健常者の起業以上に偏見や差別との戦いもあり、苦労を重ねた。起業をしたい人は必ず読むべき箇所である。「産みの苦しみ」がこれほどまで克明に描かれた本はない。

第3章「ユニバーサルを目指した店作り」
そもそも著者が起業をするに当たっての「使命」はいったいどこからきているのか。それは「ろう者と健常者との「Win-Win」の関係を築く」ことにあった。
そのための出店や店作りに奔走した。予定通りにオープンすることができなかったが、何とか開店まではこぎ着けることができた。2011年12月の話である。

第4章「ありがとうの種」
ろう者と健常者とのコミュニケーション、さらにろう者の情報など様々な「バリアフリー」を実行すべく、新たな事業を展開している。

「ろう者」と「健常者」とのコミュニケーションの隔たりを解消すること、そして「ろう者」の「ろう者」による「ろう者」の為の働ける場の提供をし続ける。
章の中でも書いたように、本書の中で最も印象が強かったのは第2章である。ろう者の方に関わらず、起業をしたい人にとっては是非読むべき一冊である。

« アニメ学 | トップページ | フリーランスで食っていきたい! »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/48680437

この記事へのトラックバック一覧です: Sign with Me~店内は手話が公用語:

« アニメ学 | トップページ | フリーランスで食っていきたい! »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング