美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 世界へ挑め! | トップページ | 就活エリートの迷走 »

復興の書店

復興の書店 復興の書店
稲泉 連

小学館  2012-08-06
売り上げランキング : 227286

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

震災は人も物も夢も希望も生きる力もすべてを飲み込んだ。
本もまた例外ではなく、地震・津波により多くの本屋が失われてしまった。それから店をたたむところもあれば、プレハブやテントで仮店舗として再会するところもあった。震災から時は過ぎ、復興の足跡が響いてくる中、本来ある「書店」も復興し始めた。
本書は被災地の書店の復興までのプロセスを描いている。

一章「本は「生活必需品」だった」
なにもかも飲み込んだ震災。その中で多くの本が失われた。その中で「本」は必要なのか、という疑問が浮かび上がった。
かつて「あって当たり前」だったもの、ありふれたものが失われたとき、どれだけ貴重な物なのか必要だった物なのか思い知らされる。

二章「福島に灯りをともす」
福島の書店の中には被災した。これは他の被災地も例外ではなかった。福島では本屋を通じて「灯り」をともす勇気を与え、本屋を始めたり、続けたりする人も出てきた。

三章「移動書店の人々」
災害により店舗を失ってしまった本屋も存在しており、その中でもクルマなど移動手段をつかって移動しながら、青空のもとで本や雑誌を販売する、いわゆる「移動書店」と呼ばれるものも存在した。

四章「ジュンク堂の「阪神」と「東北」」
大型書店として有名な「ジュンク堂書店」。故郷の旭川にもあるため親近感がある。
そのジュンク堂書店は「阪神・淡路大震災」の教訓を活かし、本を通じて被災者たちの心を温め、そして活力をつけた。

五章「飯舘村に「本のある風景」を」
福島県飯舘村は自身の被害のみならず放射能の被害も深刻であり、ほとんどの村民は避難をした。本屋を務めた人も避難せざるを得ず、現在も避難先で飯舘村に「本のある風景」を思い浮かべているのだという。

六章「復興の書店」
被災地の至る所で復興の足がかりとして「書店」をつくり、情報の発信地としている。先行きが不安定の中で「心の寄り処」としての書店がここにある。

今でこそ一歩一歩であるが、復興に向けて進んでいる。その中でも本書は「本屋」をフォーカスしたわけであるが、もしも私たちの周りに本屋や図書館がなくなったらどうなるのか、と言うことを考えさせられた印象が強かった。その上で本があること、こうやって書評ができることの喜びをかみしめることができる。本書はそんな気分にさせてくれる一冊である。

« 世界へ挑め! | トップページ | 就活エリートの迷走 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/48996283

この記事へのトラックバック一覧です: 復興の書店:

« 世界へ挑め! | トップページ | 就活エリートの迷走 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング