美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 同期生~「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年 | トップページ | 生きざま~私と相撲、激闘四十年のすべて »

パトロネ

パトロネ パトロネ
藤野 可織

集英社  2012-03-26
売り上げランキング : 323793

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書のタイトルにある「パトロネ」は、フィルムに納められている円筒の缶を指している。最近ではデジタルカメラが増えてきている成果、フィルムと同じようにあまりみられなくなったとも言える。しかし古くからの写真愛好家にとってはフィルムカメラの感触と映し出される写真の味わいが忘れられず使用している人も少なくないのかもしれない。

私自身もプライベートで写真を撮ることはあるのだが、大概は携帯電話のデジタルカメラ機能を使用している。写真を撮るのがおもしろくなり、中古でもよいからデジタルカメラを買いたいという願望があるのだが、吝嗇癖が強いせいか購買には結びつかない。
私事はさておき、本書の舞台は大学のサークルで写真部に入ったところから物語は始まる。

フィルムカメラと写真にまつわる話が中心であるため、取っつきにくいイメージがあったのだが、フィルムカメラそのもの、あるいはフィルムからの現像に至るまでのプロセスや用語についてストーリーを交えながら分かりやすく解説しているため、写真撮りから現像までのプロセスが自分でも行っているかのようにすんなりと頭に入る。著者が「美学」「芸術学」を専攻していた経歴があり、その中で写真も学んだせいなのかもしれない。
さらに、「色」についても拘りが強いように見える。写真の映像のみならず、表情についても様々な「色」を多用している描写が多かった。

« 同期生~「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年 | トップページ | 生きざま~私と相撲、激闘四十年のすべて »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/48291563

この記事へのトラックバック一覧です: パトロネ:

« 同期生~「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年 | トップページ | 生きざま~私と相撲、激闘四十年のすべて »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング