美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 住宅営業という修羅場で26年 7000軒売った男が教える勝ち残る営業の36の掟 | トップページ | 僕たちの前途 »

毎日○×チェックするだけ! なぜかお金が貯まる手帳術

毎日○×チェックするだけ! なぜかお金が貯まる手帳術 毎日○×チェックするだけ! なぜかお金が貯まる手帳術
野呂 エイシロウ

集英社  2012-11-26
売り上げランキング : 332

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お金は使いようによっては、偉大なツールになる一方で、人心を蝕む魔物にもなる。
その使い方をコントロールをして、お金を貯め、幸福な未来をするためにかつてお金で地獄を見た著者がお金をコントロールをし、お金を貯める方法を伝授している。

第1章「借金まみれだった僕が人生をリセットできた理由」
著者は大学生の頃からマーケティングに携わり、卒業後放送作家へ、華々しい人生であった一方でお金のコントロールをせず、気がつけば貧乏になってしまい、しまいには借金地獄となってしまった。その借金地獄を解消すべく、自らのお金をすべて確認して、お金の管理を徹底し、借金をわずか3ヶ月で返済した。

第2章「「なぜかお金が貯まる人」の一日」
借金返済後、自らのお金を常に確認し、コントロールをして行く日々を始めた。自分自身の財布を棚卸しする。そして自分自身が持っていくお金を設定し、そこからの消費を見えるようにすることでお金を貯めることができるのだという。
著者がFacebookなどでよく語っている「3万9千円」についても本章で紹介されている。

第3章「なぜかお金が貯まる手帳術」
お金が貯まるツールとして最も重用しているのが「手帳」である。その手帳と領収証、さらに「○」「×」印の評価でどれが有用な使い方か、無用な使い方かを省みることができる。その「○」「×」の使い方も長期・短期双方の視点で使うことができ、それが著者が何度も主張する「お金の片づけ」をする事ができる。

第4章「お金をハッピーに使いながら貯める方法」
その「お金の片づけ」をしながら、もっと人生をハッピーにするための「お金の使い方」について「自己投資」や「電子マネー」「飲み会」「ランチ」「ポイントカード」「クレジットカード」それぞれの使い方についてを伝授している。

第5章「お金が貯まる人の習慣、貯まらない人の習慣」
お金の貯まる人、逆に貯まらない人の習慣について「自由時間」「スーツ」「ランチ」「読書」など場合分けして紹介している。自分自身がどのようなことを行っているのか、そしてそれがお金を貯める習慣なのか、逆に無駄遣いする習慣かを見ることができる。

第6章「お金の片づけ方・上級編」
お金の片づけ方の上級編としてお金の管理のみならず、節約、さらに意識付けなどの奥義を伝授している。

自分自身もそうであるが、お金は注意しないとふとしたことで失ってしまう。それはビジネスや人生における「チャンス」と同じようなものである。それをどれだけコントロールし、そして有効に使うことができることによってお金は自分自身の可能性や成長を何倍、何十倍に変えることができる。

« 住宅営業という修羅場で26年 7000軒売った男が教える勝ち残る営業の36の掟 | トップページ | 僕たちの前途 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/48023234

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日○×チェックするだけ! なぜかお金が貯まる手帳術:

« 住宅営業という修羅場で26年 7000軒売った男が教える勝ち残る営業の36の掟 | トップページ | 僕たちの前途 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング