美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« タイガーズ・ワイフ | トップページ | 武具の日本史~正倉院遺品から洋式火器まで »

哲学者クロサキの哲学する骨董

哲学者クロサキの哲学する骨董 哲学者クロサキの哲学する骨董
黒崎政男

淡交社  2012-04-13
売り上げランキング : 90396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私たちの世代だと「骨董」というとピンとこない人が多いかもしれない。何せ美術品などの「物欲」そのものが薄れてしまっている。
しかし「骨董」にかぎらず美術・芸術のものには、言葉にできないほどの「美しさ」がある。その「美しさ」に魅入り、さらに骨董を集めるようになる。
「骨董」を哲学すること。その「骨董」に魅入ることのできるメカニズムを本書では解き明かしている。

第一章「骨董と美」
「美しいものは美しい」
その「美」という定義や代表的なものは人それぞれである。その美しさは「美術品」や「骨董品」などありとあらゆるものを観たり・聴いたりする事によって磨くことができる。「美」を見抜く眼も「美術品」や「骨董品」によって養うことができる。かつて評論家や発掘者も魅入られ、そして「骨董品」の美しさの深みにはまっていく。

第二章「骨董と複製」
漫画作品に「ギャラリーフェイク」がある。主に美術品が中心であるが、骨董品が紹介されることもある。タイトルにあるとおり美術品の偽物(フェイク)やレプリカを売買する業者の主人公が様々な美術・骨董品をテーマとした様々なことに遭遇しながら、「美」についてを追い求める物語である。
その「フェイク」は「複製」「贋作」の意味を持っている。しかし「複製」と「贋作」の二つは同じようでいるがそもそもの意味合いが異なる。複製は「オリジナル」そのものをコピーをする、「贋作」は「複製」のほかにも「オリジナル」のように見せて作ったものも含まれる。

第三章「インターネット時代の骨董」
インターネットが栄えることによって「骨董」の考え方やアプローチも変化した。たとえば骨董品の売買、オークションも去ることながら、複製が容易になっただけではなく、「電子化」も行うことができた。

第四章「骨董テクノロジー」
骨董のテクノロジーというと「複製」するのでは、という考えを持ってしまうが荘ではない。むしろデジタル化もあれば、「復刻」や「修理」といった技術もまた「テクノロジー」と言える。

骨董品には、「美しさ」の中にそれを魅入られ続けることのできる「魔力」がある。「美しさ」だけではなく「古さ」があたかもタイムマシンに乗ったように「時間」の深さを見出すことができる。「骨董」はまさに「奥が深い」と言えよう。

« タイガーズ・ワイフ | トップページ | 武具の日本史~正倉院遺品から洋式火器まで »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/47083619

この記事へのトラックバック一覧です: 哲学者クロサキの哲学する骨董:

« タイガーズ・ワイフ | トップページ | 武具の日本史~正倉院遺品から洋式火器まで »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング