美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« コンセプトのつくりかた | トップページ | シリーズ「1968年を知らない人の『1968』」~第一日「『1968』前夜」 »

四国遍路―さまざまな祈りの世界

四国遍路―さまざまな祈りの世界 (歴史文化ライブラリー) 四国遍路―さまざまな祈りの世界 (歴史文化ライブラリー)
星野 英紀 浅川 泰宏

吉川弘文館  2011-03
売り上げランキング : 407116

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

四国八十八カ所の寺院を巡る「お遍路」こと「四国遍路」、元々平安時代から始まったのだが、平成に入って「一大ブーム」となった。前首相である菅直人も2001年と、首相を退いた2011年の2回お遍路を行った。
そのお遍路にはどのような思想があり、どのような魅力が存在するのか。本書は「四国遍路」にまつわる思想と文化、そして魅力を追っている。

<四国遍路の思想>
最初に四国遍路は平安時代に誕生したと書いたが、具体的に誕生した時期は諸説ある。空海が初めて歩いた説もあれば、真如親王(嵯峨天皇の子)が始めたという説も存在する。しかし諸説はありながらも文献が少ないため、あくまで研究のプロセスででた推測しかでていない為、「謎」という他ない。
起源の後は、四国遍路の特長であるが、自分自身が抱いていたイメージは特定のルートを歩きながら行うものだったが、そうではなく、巡る寺院は決まっておらず、遍路の方法も歩きばかりではない。バスやマイカーを使って「お遍路」をする人もいる。「楽しているのでは」という疑念を持つが、コストや期間を考えるとかなり高くつくため、バスやマイカーを使っても決して楽ではない。そういう意味ではどのような方法であれ、八十八カ所を回った後の達成感はひとしおである。

<四国遍路の人びと>
平成に入って「お遍路ブーム」が起こったきっかけ、その一つとして「自分探し」、もう一つ「御利益」、そして不治の病の「病人遍路」など、様々な理由から「お遍路」をするのだという。

<四国遍路の接待文化>
「接待文化」もお遍路としては独特で行く先々で「お布施」としてお茶や食事を振る舞ってくれる。地元の人びとが存在する。

<四国遍路の現代的風景>
「お遍路」は日本中で認知されてきたのだがそれがもっと認知されたのは、他でもないメディアで取り上げたからである。1998~2000年には「四国八十八カ所 こころの旅(NHK)」、連続テレビ小説の「ウェルかめ(NHK、2009年9月~2010年3月)」がある。また癒しやパワーを得るスポットである「ヒーリングスポット」や「パワースポット」としてのお遍路も注目の的となっている。

四国で生まれ約1300年もの歴史を持つ「四国遍路」、近年それを行う人も増えてきているが、その起源とブームの背景を知ることのできる格好の一冊といえる。

« コンセプトのつくりかた | トップページ | シリーズ「1968年を知らない人の『1968』」~第一日「『1968』前夜」 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/46666266

この記事へのトラックバック一覧です: 四国遍路―さまざまな祈りの世界:

« コンセプトのつくりかた | トップページ | シリーズ「1968年を知らない人の『1968』」~第一日「『1968』前夜」 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング