美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« ふしぎな社会 おかしな行政 | トップページ | 四国遍路―さまざまな祈りの世界 »

コンセプトのつくりかた

コンセプトのつくりかた コンセプトのつくりかた
玉樹 真一郎

ダイヤモンド社  2012-08-03
売り上げランキング : 663

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スタジオビビ 乙丸様より献本御礼。
世界にイノベーションを起こすアイデアを思いつくことは誰にもある。そのアイデアを生み出すための考えにある。
その「コンセプト」をいかに作っていくのか、本書は「Wii」の開発に携わり、現在では郷里の八戸市で地元企業やNPO団体のコンサルティングに携わっている方が伝授している。

第1部「おりていく コンセプトとは何か」
アイデアが出るときには「いい考えがおりた」というようなことが往々にして出てくる。しかしその「アイデア」を出す、「コンセプト」を出すにしても、「既知の良さ」を出すよりも、むしろ本当に売れるかどうかわからない、しかしいったん売れると爆発的に売れ出す「未知の良さ」を発見するためにコンセプトを生み出す。一見「ブレインストーミング」に見えるのだが、そうではない。コンセプトを練る、つくることによって未知のビジョンやアイテムを見出していく。

第2部「のぼっていく コンセプトをつくる具体的なプロセス」
第1部と第2部をあわせるとサクソフォーン・フルート奏者であるオリタ・ノボッタを連想してしまう。
それはさておき、本書はコンセプトを生み出すためのプロセスを某ロールプレイングゲームになぞらえている。どんなゲームかは本書を読めば自ずとわかるので、あえてリンクも説明もしない。
大きなテーブルに付箋を書いて貼るのだが、様々な質問に対する答えや悪口などを並べていく。その「並べていく」プロセスの中からコンセプトを明確化し、活用できるようなものにしていく。

第3部「すすんでいく コンセプトをどう活用するか」
そのコンセプトから「ものつくり」としての「仕様」にし、形にしていく。机上から生まれ、そして固定観念を遙かに凌駕し、世界を変えていくようなものこそ「コンセプト」である。

「コンセプト」の力は無限であり、その力は誰にでも存在する。その存在する力が束になり、世界を変えていくような「ものつくり」となる。wiiはその結晶であり、それをしのぐ作品もこの「コンセプト」から生まれていく。本書はまだ見ぬ新たなコンセプト作りのあり方を示してくれる。

« ふしぎな社会 おかしな行政 | トップページ | 四国遍路―さまざまな祈りの世界 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/46656665

この記事へのトラックバック一覧です: コンセプトのつくりかた:

« ふしぎな社会 おかしな行政 | トップページ | 四国遍路―さまざまな祈りの世界 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング