美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« リッツ・カールトンと日本人の流儀 | トップページ | 大停電を回避せよ! »

青春俳句講座 初桜

青春俳句講座 初桜 青春俳句講座 初桜
水原 佐保 宮尾 和孝

角川書店  2006-06-26
売り上げランキング : 695472

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

みなさんは「俳句」はどのようなイメージを持たれているのだろうか。

・ある人は「古くさい」「ご年輩の方々の楽しみ」という考えを持つもの、

・あるいは「おもしろい」「言葉遊びができる」

という人もいる。前者は偏見であり、後者はある意味合っている。たしかに季語を使って叙情的に5・7・5を綴っているだけに言葉をどのように合わせるか、という「遊び」にもなる。

それはさておき、本書は女子高生が「俳句」にのめり込む物語である。その物語はミステリーでありながらもハラハラさせるような展開ではなく、むしろ「高校の日常」であるかのようなほのぼのとしたタッチで描かれている。時折俳句も出てくれば、俳人の先生が俳句の良さを所々で教えることから、本書を読むと何か俳句を作りたいという衝動を起こさせる。さらにそのミステリーも奥深く、まさに「読ませる」衝動に駆られてしまう。

ミステリーは全部で3つあり、それぞれに章立ててあるが、いずれも俳句で使われる「季語」が扱われている。これ以上言うと面白味がなくなってしまうが、ある「季節」に共通している「季語」と言えよう。

« リッツ・カールトンと日本人の流儀 | トップページ | 大停電を回避せよ! »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/46756221

この記事へのトラックバック一覧です: 青春俳句講座 初桜:

« リッツ・カールトンと日本人の流儀 | トップページ | 大停電を回避せよ! »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング