美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« キャラクターとは何か | トップページ | 2012年 F1ドイツGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想 »

遠くの都市

遠くの都市 遠くの都市
ジャン=リュック ナンシー ジャン=クリストフ バイイ Jean‐Luc Nancy

青弓社  2007-03
売り上げランキング : 281435

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「遠くの都市」というと「郊外」や「街外れ」と連想してしまう。郊外というと都市とは違う「開放感」が込められているように思えるが、その実は逆で、「閉鎖的」であり、かつ「排外的」であるのだという。
本書はロサンゼルスの都市構造を中心に「都市」そのものの「閉鎖性」と「排外性」について論じている。

第1部「遠くの都市」
最初に書き忘れてしまったが、本書は「都市哲学」というジャンルである。
「哲学」というと「人間」や「思考」、さらには「社会」そのものについて取り上げることが多いのだが、「都市」そのものをフォーカスした本は見たことがない。
「都市」というと人も多く開放感があふれる。とりわけ本書の舞台であるアメリカ・ロサンゼルスはそれを彷彿とさせるが、「都市」でありながらかつてドイツ・ベルリンでは冷戦を象徴させる「ベルリンの壁」により閉塞感を海だし、東京やブラジル・サンパウロなど人口密度の過多による「窮屈」と、ベルリンとはまた違った「閉塞感」を醸している。

第2部「都市のゆくえ」
都市の中には建築デザイナーが描いたような奇抜な建物も存在する。閉塞感にまみれた中での「異質」という言葉を彷彿とさせる。
それはさておき、「都市」そのものはこれからどこへいくのだろうかをここでは述べているものの、都市構造ではなく、むしろ「都市」の中にある「コミュニティ」の回帰、もしくは復活をすることについて、現在のロサンゼルスにおける「コミュニティ」の現状とともに述べている。
「コミュニティ」というと「無縁社会」でいくらか取り上げているが、それに通ずるものがある。

「都市」は人口とともに、インフラも充実しており、比較的「自由」と言える空間にある。しかしそれは形式的なものであり、様々な意味で「不自由」や「閉塞感」をおぼえることさえある。その「閉塞」をいかに脱するか、それは「都市」であること特有のもので脱することができないのか、まだ議論の余地があるのかもしれない。

« キャラクターとは何か | トップページ | 2012年 F1ドイツGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/46377291

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くの都市:

« キャラクターとは何か | トップページ | 2012年 F1ドイツGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング