美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 生きてるだけでなぜ悪い? 哲学者と精神科医がすすめる幸せの処方箋 | トップページ | 2012年 F1ハンガリーGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想 »

オートクチュール~パリ・モードの歴史

オートクチュール: パリ・モードの歴史 (文庫クセジュ) オートクチュール: パリ・モードの歴史 (文庫クセジュ)
フランソワ=マリー グロー 鈴木 桜子

白水社  2012-05-24
売り上げランキング : 270347

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「オートクチュール」
ファッションの中でもこの言葉ほど高貴であり、かつ個性的なものはない。簡単に言えば服の「オーダーメイド」と似通うところはあるのだが、オーダーメイドと違う点は「富裕層の顧客」を対象にしていること、生地などの材料が「最高峰」であり、それを最高峰のデザイナー(クチュリエ)によって作られたものである、という意味合いでは違いがある。
もともと「クチュール」はフランス語で「注文服」の意味合いを持つのだが、本書はフランスにおける「服」の歴史とともに「オートクチュール」がなぜ高貴なものとなってきたのだろうかの考察を行っている。

第一章「オートクチュールの夢と現実」
人はなぜ「オートクチュール」を求めるのだろうか。そしてその「オートクチュール」はフランス、とりわけパリのファッションにどのような影響を及ぼしたのか。
そもそも「(オート)クチュール」には規約があることすら知らなかった。その「規約」は1945年「衣服・生地加工組織委員会」の決議によって決められていたという。

第二章「名クチュリエ群像」
ココ・シャネル、ピエール・カルダン、イヴ・サン=ローラン、ジャンニ・ヴェルサーチなど、ファッションを知らなくても知られる、いわゆる「名」と呼ばれるほどの「クチュリエ」を紹介している。

フランスで生まれた「オートクチュール」。日本のファッション界でも轟かせている一方でその歴史はあまり知られていない。その知られていない歴史と成り立ちを本書では教えてくれる。

« 生きてるだけでなぜ悪い? 哲学者と精神科医がすすめる幸せの処方箋 | トップページ | 2012年 F1ハンガリーGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/46463147

この記事へのトラックバック一覧です: オートクチュール~パリ・モードの歴史:

« 生きてるだけでなぜ悪い? 哲学者と精神科医がすすめる幸せの処方箋 | トップページ | 2012年 F1ハンガリーGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング