美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 2012年 F1ドイツGP アロンソがポール・トゥ・ウィンで今季3勝目!! | トップページ | 現代日本人の絆―「ちょっとしたつながり」の消費社会論 »

フェイスブックインパクト~つながりが変える企業戦略

フェイスブックインパクト つながりが変える企業戦略 フェイスブックインパクト つながりが変える企業戦略
高広伯彦 池田紀行 熊村剛輔 原裕 松本泰輔

宣伝会議  2011-04-15
売り上げランキング : 143345

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フェイスブックの勢いは止まるところを知らない。
パーソナルな分野でもマーケティングなどのビジネス分野でも、さらには政治や国家といった分野でも看過できない存在にまで進化を遂げた。
本書はそのフェイスブックを利用した企業戦略、「マーケティング」としてのフェイスブック活用について伝授するとともに、マーケティングにとってフェイスブックがいかに大切なのかを力説している。

第1章「フェイスブックが人類の歴史を変える」
いきなり大きなタイトルである。
フェイスブックが作られたことによって人間生活の歴史そのものが変わったのだという。誇大なように見えるがあながち間違いではなく、ソーシャルネットワークによってつながりや連絡手段、あるいは人間関係などのあり方が大きく変わった。フェイスブックやツイッターを利用して情報交換、あるいは口コミ、さらには政治活動などを行うようになった。

第2章「フェイスブックが変える消費行動とマーケティング」
最初にも言ったようにフェイスブックが登場したことによりマーケティングは大きく変わった。その具体的なところが本章にて記されている。購買行動から購買における心情、さらにはコミットメントに至るまで変化しているという。

第3章「フェイスブックが実現するマーケティングコミュニケーション」
フェイスブックの大きな利点は実名であること、それにより信憑性がつき、かつオープンであることにある。
そのためコミュニケーションもリアルほどではないものの重要なものであり、2ちゃんねるやTwitterのように匿名性や短さはない。

第4章「"フェイスブック先進国"アメリカ」
フェイスブック大国としてのアメリカが、マーケティングツールとしてフェイスブックをいかに活用しているのかを綴っている。利益を求める企業だけではなく、チャリティ活動まで事例を紹介している。

第5章「挑戦する国内企業」
では日本ではどうか。
日本ではようやくフェイスブックを利用して企業やマーケティングの戦略が行われはじめ、それにまつわる本も出てき始めた。本章では無印良品(MUJI)やANA、JCBなどを例に引き出しながら、フェイスブックマーケティングの可能性を見いだしている。

第6章「結局、フェイスブックが話題になり、注目しておく理由はなんだろう?」
フェイスブックが誕生し、隆盛したことにより「ソーシャル」はいったい何なのか、「社会」とは何なのかというのが議論の的となった。書籍の中に「ソーシャル社会」という本があり、それが重複的表現になるのではないかという疑問からはじまった。
「SNS」でありながらも、社会そのものではない。
リアルではないが、リアルに限りなく近いつながりを得ることができる。
前述のようなものがフェイスブックを形成付けさせ、人気を作っている、そしてそれが「ほどよい社交性」を作ることでさらに注目を浴びるようになる。

これからもフェイスブックは一大マーケティングツール、あるいはメディアなど存在そのものは大きくなってくる。その中で私たちはいかに「利用」していくべきか、本書はそれを「企業」の立場から示している。

« 2012年 F1ドイツGP アロンソがポール・トゥ・ウィンで今季3勝目!! | トップページ | 現代日本人の絆―「ちょっとしたつながり」の消費社会論 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/46438429

この記事へのトラックバック一覧です: フェイスブックインパクト~つながりが変える企業戦略:

« 2012年 F1ドイツGP アロンソがポール・トゥ・ウィンで今季3勝目!! | トップページ | 現代日本人の絆―「ちょっとしたつながり」の消費社会論 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング