美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 2012年 F1ハンガリーGP ハミルトンがライコネンの猛追を振り切りポール・トゥ・ウィン達成!! | トップページ | オリンピックはなぜ、世界最大のイベントに成長したのか »

望月青果店

望月青果店 望月青果店
小手鞠 るい

中央公論新社  2011-08-25
売り上げランキング : 486030

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ふるさとは 遠きにありて 思ふもの(室生犀星)」

仕事などの理由により、故郷から離れた場所で生活をしていてもその記憶は残っている。イヤな思いでがあって「故郷を捨てる」ことがあったとしても、頭の片隅にきっと残っている。そしてその故郷に帰るとその記憶とそこにある感情はとたんに爆発する。本書はその記憶を辿り5年間離れていた女性が故郷に戻って見つけた思いでを綴っている。

ちょっと話から反れるが、本書を読んで少しドキッとしたところがある。本書の内容というよりも地名として「旭川」がある。私の出身地なのではないか、と一瞬疑ったが、そうではなく、岡山県には「旭川(あさひがわ)」という川があり、そこのほとりに本書のタイトルであり、主な舞台である「望月青果店」が存在する。

記憶というのは辛いも、甘いも、苦いも、甘酸っぱいもある。とりわけ「甘い」「甘酸っぱい」は幼き記憶として鳥わけ印象的に残ってしまう(多少の美化はあるものの)。そしてその「記憶」はなかなか忘れることがない。そしてその「記憶」が甘く酸っぱい思いでを呼び起こし、物語を作る。章構成もすべて果物になっており、それらの味そのものを忠実に描いている。

« 2012年 F1ハンガリーGP ハミルトンがライコネンの猛追を振り切りポール・トゥ・ウィン達成!! | トップページ | オリンピックはなぜ、世界最大のイベントに成長したのか »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/46522264

この記事へのトラックバック一覧です: 望月青果店:

« 2012年 F1ハンガリーGP ハミルトンがライコネンの猛追を振り切りポール・トゥ・ウィン達成!! | トップページ | オリンピックはなぜ、世界最大のイベントに成長したのか »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング