美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 光に向かって~3.11で感じた神道のこころ | トップページ | 天に響く歌―歌姫・本田美奈子.の人生 »

女後継者―ストーミー・ペトラルの幸せ

女後継者〈上〉―ストーミー・ペトラルの幸せ 女後継者〈上〉―ストーミー・ペトラルの幸せ
バーバラ・テイラー ブラッドフォード Barbara Taylor Bradford

アストラル  2008-02
売り上げランキング : 797787

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

女後継者〈下〉―ストーミー・ペトラルの幸せ 女後継者〈下〉―ストーミー・ペトラルの幸せ
バーバラ・テイラー ブラッドフォード Barbara Taylor Bradford

アストラル  2008-02
売り上げランキング : 787029

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「女は度胸」とも言い、「女は愛嬌」とも言う。

正しいことわざとしては「男は度胸、女は愛嬌、坊主はお経」と言われているが、最初に記しているようなことでも「言葉の意味」としてではなく、本書にでてくる女性の後継者たちの「生きざま」がそう言っているように思えてならない。

本書は一代にしてクィーン・エリザベスに匹敵するほどの財をなし得た資産家の娘・孫・曾孫・玄孫・・・と様々な「後継者」と呼ばれる女性たちの戦い・恋を4人の主人公のパターンで描いている。

その4人の主人公が紡ぎ出すラブストーリーは日本で語られる甘く切ないものが多いのだが、本書で紡がれるものはブルジョワの階級であるせいか、それともその意識の強いイギリスであるせいか、「恋心」の中にもしたたかな「駆け引き」も描いており、ハラハラさせられるような描写もあり、おもしろい作品と言える。

« 光に向かって~3.11で感じた神道のこころ | トップページ | 天に響く歌―歌姫・本田美奈子.の人生 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/45658927

この記事へのトラックバック一覧です: 女後継者―ストーミー・ペトラルの幸せ:

« 光に向かって~3.11で感じた神道のこころ | トップページ | 天に響く歌―歌姫・本田美奈子.の人生 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング