美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 精神の哲学・肉体の哲学~形而上学的思考から自然的思考へ | トップページ | 花の冠 ~ 震災から一年、今も咲き続ける絆と言う名の「花」 »

海の石

海の石 海の石
大越 桂

光文社  2012-02-16
売り上げランキング : 59327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

彼女は「石」のように何も動くことができなかった。
そう、筆談に出会うときまでは。
未熟児として生まれ、様々な病を併発し、命の淵に立たされ続けた。
しかし、筆談に出会ってから、かすかな光が見えた。
暗闇の海に見える、一筋の光のように。
病床の中で出会った筆談、
そこからいのち、言葉、自分、感情、家族・・・
様々なことを「詩」という名の命を吹き込んだ。
「石」は他人の力で無ければ動かない。
しかしその「石」は光り輝くことができる。
本書は著者が初めて詩を書いた時から震災までの時の詩を綴っている。
かつては路傍の「石」の如く、家族や仲間以外、誰も相手にされない「石」だったが、
詩と出会って海から差す日光の如く海の中に光り輝く「石」のようになった。
そしてあの震災―
その「石」は、苦しみ、嘆き、迷える人々の光となった。

« 精神の哲学・肉体の哲学~形而上学的思考から自然的思考へ | トップページ | 花の冠 ~ 震災から一年、今も咲き続ける絆と言う名の「花」 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/44446030

この記事へのトラックバック一覧です: 海の石:

« 精神の哲学・肉体の哲学~形而上学的思考から自然的思考へ | トップページ | 花の冠 ~ 震災から一年、今も咲き続ける絆と言う名の「花」 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング