美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 後藤新平の「官僚政治」 | トップページ | すごい和食 »

組織エスノグラフィー

組織エスノグラフィー 組織エスノグラフィー
金井 壽宏 佐藤 郁哉 ギデオン・クンダ ジョン・ヴァン-マーネン

有斐閣  2010-12-18
売り上げランキング : 130506

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「エスノグラフィー」は何かというと、邦訳にすると「民族誌」であり、
「調査対象に深く入り込み、参加者を考察することによって、内部の見解を解明するためのフィールドワークの方法」
のことである。この言葉は近年使われ始めたためか、その言葉を聞く人はほとんどいないが、だんだん使われ始めているのだという。
本書はその「エスノグラフィー」を様々な「組織」を対象にどのようなものかを伝授した一冊である。

第Ⅰ部「導入―組織エスノグラフィーとは何か」
さて、「エスノグラフィー」という意味は理解できたのだが、「組織エスノグラフィー」とはいったい何か。ここではそこについて解き明かしている。
とはいえ「組織」とはどのようなものを指しているのかは、ここでは示されていない。広義についての「組織」を指しており、会社や団体など特定したものではない。その中でエスノグラフィーの方法についてここでは論じられている。

第Ⅱ部「3つの告白―組織エスノグラフィーの実態」
本来は最初に書くべきであったが、本書は日本内外でエスノグラフィーに関する研究をしている4人の学者の共著である。4人それぞれの研究者が自らの研究人生を明かしながら、どのような組織で「エスノグラフィー」という手法を用いて研究したのか、について記されている。もっともここで研究対象となった組織は「矯正施設」「暴走族」など見るからに物騒なものから、演劇界と言ったところを対象にしている。
それぞれの世界をエスノグラフィーにより、浮き彫りとなった疑問や考察が浮き出てきており、それらを論文にするまでのプロセスは斬新でありながら、かつ、ここでも言われている通り「黒い報告書」のようなものになってしまう、という研究者自身の葛藤も出ているため、忠考察を行った論文よりも人間味があるため、新鮮味があった。

第Ⅲ部「組織エスノグラフィーの過去・現在・未来」
これから「エスノグラフィー」の手法を用いたい人、そしてエスノグラフィーのこれからを第Ⅰ・Ⅱ部の考察をもとに提言をしている。考察、というよりも学生のためのアドバイス、といえるような所である。

「エスノグラフィー」は最近できた研究手法であり、民族学でよく使われる「フィールドワーク」が中心である。そう考えると亡き梅棹忠夫氏が提唱した「知的生産の技術」にも似ているのではないか、と思いさえする。とはいえ、エスノグラフィーの手法は学問のみならず、ビジネスでも使える可能性があるのではないか。本書ではそのような可能性を見いだせた一冊である。

« 後藤新平の「官僚政治」 | トップページ | すごい和食 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/44396258

この記事へのトラックバック一覧です: 組織エスノグラフィー:

« 後藤新平の「官僚政治」 | トップページ | すごい和食 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング