美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« はじめて学ぶ生命倫理~「いのち」は誰が決めるのか | トップページ | まずは、「つき合う人」を変えなさい! »

ブルーハーツ

ブルーハーツ (ピュアフル文庫) ブルーハーツ (ピュアフル文庫)
前川 麻子

ジャイブ  2009-03-10
売り上げランキング : 936209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

85年に結成し、95年に突如解散した「THE BLUE HEARTS」。このグループが残した歌の数々は今でも私たちの心に強く残している。

「リンダリンダ」「TRAIN-TRAIN」「終わらない歌」・・・と挙げるだけでおきりがない。

「THE BLUE HEARTS」が結成された頃に生まれた私は、彼らのライブは聞いたことがない。しかしCMなどで聴く機会はある。聴く度に「若く」「青臭く」、それでいて「爽快」な感覚に陥る。「THE BLUE HEARTS」はボーカルである甲本ヒロトが「意味は無く、誰もが呼びやすい小学生でもわかるような英語で、バンドの音楽性が見えないような名前」にとそう名付けたが、グループの曲一つ一つが、まさに「ブルーハーツ」と言うべきである。

話が大きく反れてしまった。本書は伝説のロックバンドグループ「THE BLUE HERATS」の歌詞もちりばめられているような短編集である。会社員やOL、小学生など様々な主人公によって描かれているが、それらの共通点は本書のタイトルにある「ブルーハーツ」であること。ケータイ小説が単行本化されているのだが、ブルーハーツのような「メタル」の感覚がダイレクトに伝わる一冊であった。

« はじめて学ぶ生命倫理~「いのち」は誰が決めるのか | トップページ | まずは、「つき合う人」を変えなさい! »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/44166365

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーハーツ:

« はじめて学ぶ生命倫理~「いのち」は誰が決めるのか | トップページ | まずは、「つき合う人」を変えなさい! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング