美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« ビジネスパーソンの街歩き学入門 | トップページ | 利他のすすめ~チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵 »

チューバはうたう―mit Tuba

チューバはうたう―mit Tuba チューバはうたう―mit Tuba
瀬川 深

筑摩書房  2008-03
売り上げランキング : 102689

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私は中学・高校と吹奏楽に入り、チューバを担当した経歴を持つ。そのことから本書ほど親近感を沸かずにいられなかったことから本書を手に取った次第である。

なぜ私がチューバを吹くことになったのか。簡単にチューバを吹く人が足りなかった(というよりいなかった)からである。別に好きだからというわけではなかったが、吹いてゆくうちにだんだんとチューバの魅力に飲み込まれ、気がついたら高校まで続けていた。大学に入ってからはさすがに楽器を買うこととなるとお金とスペースの関係から断念せざるを得なくなった。チューバをやめてからもう8年経つが、それでもチューバを見るとなぜか懐かしみ、かつ心を躍らせる自分がいる。

さて、チューバの楽器についてを取り上げるのを忘れた為、ここで述べておく。チューバが誕生したのは諸説あるが、最も有名なものでは1835年にベルリンのプロイセン軍楽隊長と楽器製造職人がピストン・バルブ式のものを初めてつくり、特許も取得したことが始まりとされている。そこからチューバという楽器が認知され、今日では吹奏楽、オーケストラなどで使われている。

チューバの歴史はここまでにしておいて、本書の主人公である女性もそれに似た理由からチューバを始めた。私と同じようにチューバ独特の魅力にのめり込まれ、10年以上続けている。そう、現在進行形で。チューバの魅力にのめり込めたからでこそ見える世界があり、本書でもそれを忠実に表現している。

本書はそれだけではなく、2編の短編集も盛り込まれている。

« ビジネスパーソンの街歩き学入門 | トップページ | 利他のすすめ~チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/44025606

この記事へのトラックバック一覧です: チューバはうたう―mit Tuba:

« ビジネスパーソンの街歩き学入門 | トップページ | 利他のすすめ~チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング