美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« チューバはうたう―mit Tuba | トップページ | 仕事のムダを削る技術 »

利他のすすめ~チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵

利他のすすめ~チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵 利他のすすめ~チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵
大山泰弘

WAVE出版  2011-04-22
売り上げランキング : 20313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読書以外でも、色々な所で考えるのが「なぜ働くのか?」である。多くは「生活のため」だの「キャリアのため」だの「なんとなく」だの答える人が多い。
私の場合は「やりがい」「楽しさ」を求めて働いているのだが、それについても考え直さなければならないことがある。
私事はさておき、本書では「働くこと」「幸せ」の本質を働きながら考え続け、そして「利他」の心であると考えたか方がいる。その方はチョークの製造・販売を行っているのだが、その中で知的障害者を積極的に雇ったことにより注目を浴びた。

第1章「何千年たっても変わらないこと」
時代は変わるが如く、働き方、労働館も変化する。しかしどんなに変化の起こる時代でも、「変わらない」ことがある。本章では「お釈迦様」の知恵とあるが、これは「仏教」に通ずる考え方であろう。
その裏付けとしてある槃特の話を取り上げている。

第2章「誰かの役に立ってこそ、幸せ」
直接・間接関係なく仕事には「誰か」の役に立つ。その対照は会社の中か、社外、それも私たちの生活に役立つものもある。
またその人の役に立つことにとって「幸せ」を感じることもできる。働くことによる「幸せ」は結果もそうであるが、働く人の成長も、感じ取る「幸せ」の一つと言えよう。

第3章「「利他の心」が人生を拓く」
「働」という言葉は「人」のために「動く」からである。
本章の冒頭に述べられたことであるが、それこそ本書のいう「利他」の精神の根幹を成している。
「人の役に立つ」「人の幸せをつくる」ことを根幹に障害者採用を積極的に続けてきたが、それは決して平坦な道ではなかった。保険組合からの白い目もあれば、社会の無理解による事実無根の中傷も度々あった。それでも著者はめげずに障害者採用を続けていった。

第4章「「幸せな自分」をつくる」
世間一般における、「幸せ」とは何かと考えるときりがない。しかし自らの「幸せ」とは何か、と考えると、色々と出てくる。
その「幸せ」をつくる、あるいは「幸せな自分」を作るにはどうしたら良いのか、それは「一隅を照らす」ことにあるという。

76年間の生涯、さらには知的障害者の雇用によって見つけた「働くこと」「生きること」「幸せ」の答え、その答えが本書には詰まっている。社会通念も常識もすべて捨てて、一つこれまでやってきたことと、幸せと働くことを考え直す機会となる一冊であった。

« チューバはうたう―mit Tuba | トップページ | 仕事のムダを削る技術 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/44058657

この記事へのトラックバック一覧です: 利他のすすめ~チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵:

« チューバはうたう―mit Tuba | トップページ | 仕事のムダを削る技術 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング