美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« BUZZ革命 | トップページ | 疑う力、信じる力 »

40年目の真実―日石・土田爆弾事件

40年目の真実―日石・土田爆弾事件 40年目の真実―日石・土田爆弾事件
中島 修

創出版  2011-05-20
売り上げランキング : 291558

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本には風化してしまい、真相ですら闇に葬られてしまった事件が数多くある。本書で紹介する「日石・土田爆弾事件」もその一つである。
「日石・土田爆弾事件」は1971年10月、及び12月に発生した事件であり、昨年ちょうど40年を迎えた。もっともこの時期は「学生運動」や「全共闘」などが活発に行われた時期であり、それに関連する事件も多発していた。「日石・土田爆弾事件」もその一つと言えるのかもしれない。
本書は闇に葬られてしまった「日石・土田爆弾事件」の全貌と起訴された被告がなぜ「無罪」と言い渡されたのかについて考察を行っているとともに40年たった現在の犯罪や検察、警察のあり方を照らし合わせている。

第Ⅰ部「日石・土田爆弾事件」
「日石・土田爆弾事件」とは何かについてあらましを取り上げている。
「日石・土田爆弾事件」は1971年10月18日に起こった「日石本館地下郵便局爆破事件」と同年12月18日に起こった「土田邸ピース缶爆弾事件」の2つを合わせたものである。しかし、ピース缶爆弾事件は、これらの事件以前にも1969年に「警視庁機動隊庁舎ピース缶爆弾未遂事件」と「アメリカ文化センターピース缶爆弾事件」が起こっている。そのことから「土田・日石・ピース缶爆弾事件」と呼ばれることもある。
この事件について18人が逮捕されたが取り調べの中で拷問があった、もしくは事実無根なことから逮捕された18人は一貫・途中から問わず無罪を主張した。

第Ⅱ部「日石・土田冤罪事件」
結果的には起訴された18名は全員無罪判決となった。いわゆる「冤罪」となったのである。この事件につて警察や検察、裁判所やマスコミにまつわる責任を取り上げている。現在でも警察や検察の不祥事などが後を絶たないが、それは今も昔も同じことのように本章を読んで見えてしまう。

第Ⅲ部「40年の時を経て」
事件の真相を追う捜査員、元RG隊員の思い、時効制度、そしてこれからの司法や警察、ひいては検察のあり方について40年の時を経て出てきた真実を追っている。

戦後間もない時代「学生運動」や「全共闘」などの事件により経済成長とともに戦後最大の「激動」と呼ばれた事件が多数あった。「日石・土田爆弾事件」もその一つであるが、それについて私は本書と出会うまではいっさい知らなかった。数多く起こった「火炎ビン事件」については予備知識があったにも関わらず、である。40年の時を越えて事件を振り返りつつ、これからのあり方についてどうあるべきか、そして40年前の時代はどうであったか、それを考える岐路に立っている。本書はそのことを訴えかけているように思えてならない。

« BUZZ革命 | トップページ | 疑う力、信じる力 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/43545927

この記事へのトラックバック一覧です: 40年目の真実―日石・土田爆弾事件:

« BUZZ革命 | トップページ | 疑う力、信じる力 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング