美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 梅棹忠夫 語る | トップページ | 外資系トップの英語力 »

緋色の楽譜

緋色の楽譜 上 緋色の楽譜 上
ラルフ・イーザウ 酒寄 進一

東京創元社  2011-10-28
売り上げランキング : 97375

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
緋色の楽譜 下 緋色の楽譜 下
ラルフ・イーザウ 酒寄 進一

東京創元社  2011-10-28
売り上げランキング : 110665

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フランツ・リスト

世界的なピアニストにして作曲家として今日でも語り継がれている。リストといえば指が長いことで有名で、リスト本人でしか演奏できないほど非常に難しい「パガニーニによる大練習曲(特に「ラ・カンパネッラ」はあまりにも有名)」という名のピアノ曲もあるほどである。
そのリストはピアノ曲やピアノ協奏曲に限らず、オペラや管弦楽曲も手がけており、生涯にわたって生み出した曲数は数百にも及ぶ。しかしリストが作曲していながら未完の作品もあれば、消失し、未だに見つかっていない作品も数多くある。

本書は未だ見つかっていなかったリストの未発表曲の楽譜を巡ってワイマールをはじめ、ニュルンベルグ、コペンハーゲンなどドイツに留まらずヨーロッパ全域にて起こるミステリーを描いている。

天才ピアニストがリストの書いた一遍の詩を見たことにより物語は始まるが、スケール感や読むにつれて謎が深まっていく展開、そしてリストそのものの人生、それがいくつも重なって紡がれていっているため、上下巻の大長編であるが、「長い」と言うのを感じさせない一冊であった。

« 梅棹忠夫 語る | トップページ | 外資系トップの英語力 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/43124983

この記事へのトラックバック一覧です: 緋色の楽譜:

« 梅棹忠夫 語る | トップページ | 外資系トップの英語力 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング