美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« ブログ、どのくらい更新してる? | トップページ | 1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 »

実存と構造

実存と構造 (集英社新書) 実存と構造 (集英社新書)
三田 誠広

集英社  2011-09-16
売り上げランキング : 27285

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

二十世紀を代表する思想として「実存主義」と「構造主義」が挙げられる。

「実存主義」…人間の実存を哲学の中心におく思想的立場。あるいは本質存在(essentia)に対する現実存在(existentia)の優位を説く思想。

「構造主義」…現代思想から拡張されて、あらゆる現象に対して、その現象に潜在する構造を抽出し、その構造によって現象を理解し、場合によっては制御するための方法論を指す言葉。
(どちらもWikipediaより)

本書は「実存主義」や「構造主義」の解説ではなく、そこから派生して文学や生き方、国家までどのように広がり、変遷していったのか、について二十世紀の歴史を中心に考察を行っている。

第1章「実存という重荷を負って生きる」
実存主義の歴史は深く、古代ギリシャ時代に遡っているという。古代〜近代にかけて作られた哲学や文学はいずれも実存をベースにつくられている。

第2章「実存を包み込む国家という概念」
実存主義の国家や哲学、文学とともに「実存主義」の概念について第1章に続き考察を行っている。

第3章「隠された「構造」の発見」
「実存」と「構造」は日本の経済成長と重ね合わせることができるという。高度経済成長期は働けば働くほど収入が入る「実存」によるものであったが、その経済や体系が崩壊し、目に見えないところで消費してしまう「構造」の時代が到来した。
本章では「構造」を解き明かしているが、それが解き明かされ始めたのは、レヴィ・ストロースがそれについて発表してからのことである。

第4章「実存から構造へー大江健三郎の場合」
実存から構造へと文学としてシフトしていった人物が2人いる。一人は日本人二人目のノーベル文学賞を受賞した大江健三郎、もう一人は次章にて紹介するが中上健次である。
大江健三郎の作品について私は見たことがない。しかし、彼の生い立ちや思想については、レジオンドヌール騎士勲章やノーベル文学賞は受賞しているが、「文化功労者」や「文化勲章」は自らの思想をひけらかした上で固辞したという。このことからみてもおそらくどの思想かはわかるであろう。

第5章「実存から構造へー中上健次の場合」
最後は中上健次である。「枯木灘」という作品で一躍スターダムに躍り出た中上健次の作品を解き明かしている。

「実存主義」と「構造主義」を文学的に考察した一冊であるが、おそらく私が読んだ集英社新書の中ではもっとも「集英社新書らしい」一冊である。集英社新書マニア、もしくは新書をこよなく愛する人であれば、「集英社新書らしい」と言う意味は自ずとわかる。

« ブログ、どのくらい更新してる? | トップページ | 1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/42581100

この記事へのトラックバック一覧です: 実存と構造:

« ブログ、どのくらい更新してる? | トップページ | 1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング