美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« コーヒーを通して見たフェアトレード―スリランカ山岳地帯を行く | トップページ | 3年後に生き残るクルマ »

皮膚という「脳」 心をあやつる神秘の機能

皮膚という「脳」 心をあやつる神秘の機能 皮膚という「脳」 心をあやつる神秘の機能
山口 創

東京書籍  2010-05-20
売り上げランキング : 70426

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人体はまさに「不思議」に満ちている。その大きな理由の一つとして「人体」の解明は進んでいても、「すべて」解明できているというわけでは無いからである。まだまだ解明されていない部分があるため、「不思議」と言えるのである。
皮膚もその「不思議」の一つである。本書は未だすべて解明されていない「皮膚」の宇宙を見ることのできる一冊である。

第1章「露出した「脳」」
本書のタイトルにあるとおりある種で「脳」の感覚と捉えられる。たとえば「熱い」や「寒い」を直に捉えることができるのは脳ではなく「皮膚」だからである。代表的な運動の一つとして「反射」があるのだが、これは急激にあつい、もしくは寒いものに触れたりしたときに脳の命令を待たずして反応するところにある。
「熱い」「寒い」といった温度感覚ばかりではなく、様々な物質に触れ、そこから感覚を覚えることから「露出した「脳」」と言える。

第2章「五感はすべて皮膚から始まった!」
「視覚」「味覚」「触覚」「嗅覚」「聴覚」
いずれも皮膚を媒介している。「味覚」は口の中で感じる感覚なので少し当てはまらない部分もあるが。
本章では「聴覚」や「触覚」を中心に「五感」が皮膚から始まることを説いている。

第3章「皮膚は心をあやつる」
聴覚は耳の中の三半規管の振動によって音と捉えられる。結局は皮膚の振動によるものであることは第2章でも書いた。本章のタイトルを見ると疑わしくも見えるのだが、触れた瞬間「気持ち悪い」や「気持ちいい」という感覚に陥ることがよくある。触れることにより心情が変化することからそういったタイトルが名付けられたのではないかと考えられる。

第4章「豊かな境界としての皮膚へ」
本章ではややネガティブなものも含まれている。たとえば「いじめ」「リストカット」などがあげられるが、これは第3章にも述べているとおり、皮膚に触れることにより心が変化を生じていくことからにある。
またもの(こと?)が皮膚に触れることによる感情の変化の境界についても本章にて触れている。

日本の社会では「心の病気」が蔓延しているという。その多くは「触れる」機会が少なくなったことによる研究成果も出ているのだという。今となってはパソコンなど触れずに知ることのできる媒体は急速に増えているが、だからでこそリアルの場で「触れる」機会を持つことの重要性を「皮膚」の研究を通じて思い知らされる。

« コーヒーを通して見たフェアトレード―スリランカ山岳地帯を行く | トップページ | 3年後に生き残るクルマ »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(理数系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/42076298

この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚という「脳」 心をあやつる神秘の機能:

« コーヒーを通して見たフェアトレード―スリランカ山岳地帯を行く | トップページ | 3年後に生き残るクルマ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング