美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 1989年-現代史最大の転換点を検証する | トップページ | 871569 »

森林異変~日本の林業に未来はあるか

森林異変-日本の林業に未来はあるか (平凡社新書) 森林異変-日本の林業に未来はあるか (平凡社新書)
田中 淳夫

平凡社  2011-04-16
売り上げランキング : 24088

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

森林破壊が進んでいる・・・といいたいところだが、本書は環境問題のことについて書かれているのではなく、「林業」という業界の衰退について書かれている。国産の木材が林業従事者の高齢化により、人・モノともに現象の一途をたどり、数少ない資源である、木材がとれないということを本書では警鐘を鳴らしている。

かつて日本人は森林とともに育っていた「共生」の概念があった。木々を育て、伐採して木材として使い、そしてまた伐採したところに新しい木々を育てる。そういったサイクルによって森を守ってきた。

今年2011年は「国際森林年」である。環境問題として「森林」を捉えるのも一つの手であるが、本書のように林業のあり方、これからを論じながら、私たち日本人はどのように森林とつきあっていけばよいのかを考えることも必要なのではないか、という問題提起をしてくれる。

« 1989年-現代史最大の転換点を検証する | トップページ | 871569 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/41464173

この記事へのトラックバック一覧です: 森林異変~日本の林業に未来はあるか :

« 1989年-現代史最大の転換点を検証する | トップページ | 871569 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング