美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 小栗上野介―忘れられた悲劇の幕臣 | トップページ | 見えない復讐 »

芸のこころ

芸のこころ 芸のこころ
坂東 三津五郎 安藤 鶴夫

三月書房  2011-07
売り上げランキング : 473254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「芸」とは何か。それを考える前に日本における「演芸」には様々なものがある。たとえば「能」「狂言」「浄瑠璃」「文楽」「歌舞伎」「落語」と様々である。
本書は歌舞伎の先代(八代目)板東三津五郎と安藤鶴夫の対談形式にて芸・日本人・世間の諸々を語った一冊である。

一.「芸のこころ」
芸を極める最初のプロセスとして「模倣」から始まるという。相手から口伝いで教えてもらうことや、教科書から学ぶというのがあるが、それは滅多にない。むしろそれをやるのはほとんどなく、むしろ相手から「(技術や仕草などを)盗む」ことで模倣の第一歩と言われている。
ちなみに本章ではそれだけではなく「落語」や「歌舞伎」など幅広い範囲での「芸」とそのものの歴史にまつわることについて掘り下げている。

二.「日本人のこころ」
日本人の在り方・歴史・文化についての対談である。とはいっても、時事的なものではなくむしろ「文学」や文化に待つわる内容がほとんどである。

三.「世間のこころ」
むしろ時事的な内容に関してはこちらのところに収められている。板東三津五郎氏は有名な歌舞伎役者であることから執筆も交友も広い。その中でも政治家やメディアに関するエピソードも盛り込まれている。

本書の初版は昭和44年6月。おおよそ40年前に出版されたものである。もちろん対談を行っている両者はすでに故人であり、没後40年を越えている。その40年の時を越えて語り継がれるべきものがあることから本書は復刻されたのではないか、と私は思う。

« 小栗上野介―忘れられた悲劇の幕臣 | トップページ | 見えない復讐 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/41871599

この記事へのトラックバック一覧です: 芸のこころ:

« 小栗上野介―忘れられた悲劇の幕臣 | トップページ | 見えない復讐 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング