美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 金髪美女と結婚できた理由―出会いは無限大! | トップページ | 新書七十五番勝負 »

熟慮ジャーナリズム ― 「論壇記者」の体験から

熟慮ジャーナリズム ― 「論壇記者」の体験から (平凡社新書) 熟慮ジャーナリズム ― 「論壇記者」の体験から (平凡社新書)
奥 武則

平凡社  2010-10-16
売り上げランキング : 781843

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

記者は記者でも様々な記者がいる。たとえば「政治記者」や「警察記者」などがいるのだが、以外にも知られていないのが「論壇記者」というものが挙げられる。では「論壇記者」とはどのような存在か、というと「社説」などを書く人達のことを挙げると容易に想像できるだろう。本書は普段私たちが想像する「新聞記者」とは一線を画す、「論壇記者」の存在とその仕事の中身について明かしている。

第一章「「でもしか記者」の記」
「でもしか」と言う言葉は以前どこかで聞いたことがあるような言葉であるが、広辞苑にも載っている言葉である。調べてみると、

[接頭]《「…にでもなろうか」「…にしかなれない」の意から》ほかになるものがないので、やむをえずそれになっているという意を表す。でも。「―先生」goo辞書より)

本章では戦後間もない頃の学生時代での大学紛争や全共闘、安保闘争などエピソードをから、新聞社入社当時の著者がどうであったか、というと様々な場面に遭遇することもあったが、タイトルにあるような「でもしか」が多かったという。

第二章「「論壇記者」以前」
論壇記者以前のことについて書かれているが、最も印象深かったのが「書評」である。著者は毎日新聞に勤め、しかも書評欄担当をしていることを考えると丸谷才一氏を連想してしまう。しかし本章で取り上げられている書評委員には様々な人物が挙げられており、中には私の知らない作家の方も数多くいた。
後半には「論壇記者」となる前段となる「論壇時評」の構成エピソードについて綴られている。

第三章「論壇記者的日常」
「論壇記者」となった時のエピソードであるが、主に昭和末期〜平成に入ってからのことである。もっとも、本章では昭和天皇崩御から平成までの論壇について賛否両論が起こったエピソードについてが中心であり、個人的な見解も記されている。

第四章「「熟慮ジャーナリズム」へ」
やがて新聞社を退職し、大学教授となった著者は「ジャーナリズムとは何か」「新聞とは何か」を教える立場となった。その中で「批判」や「速報」といった速さと足の引っ張り合いという様な報道が多いことに著者は警鐘をならしつつ、読者にも、さらには新聞をつくる記者、ひいてはメディアを発信する方々にたいして「熟慮」をする重要性を説いている。

昨今では「スピード」が求められている今だからでこそ「熟慮」の重要性が増しているのかもしれない。もっともメディアは「速報性」や「トレンド」ばかりを追いかけてしまい、肝心となる「深さ」が欠如しているようにも見える。これは新聞のみならずメディアを持っている人たち全員に言えることであり、これからの課題と言える。

« 金髪美女と結婚できた理由―出会いは無限大! | トップページ | 新書七十五番勝負 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/41137898

この記事へのトラックバック一覧です: 熟慮ジャーナリズム ― 「論壇記者」の体験から:

« 金髪美女と結婚できた理由―出会いは無限大! | トップページ | 新書七十五番勝負 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング