美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 松岡修造の人生を強く生きる83の言葉 | トップページ | 2011年 F1ドイツGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想 »

ラベルのない缶詰をめぐる冒険

ラベルのない缶詰をめぐる冒険 ラベルのない缶詰をめぐる冒険
アレックス・シアラー 金原 瑞人

竹書房  2007-04-25
売り上げランキング : 157852

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

突然だが、もし「ラベルのない缶詰」があったら、あなたは入っている中身について何を連想するだろうか。

ごく普通にあるものというと、コンビーフや焼き鳥、野菜、スープ、煮魚…など挙げてみると枚挙にいとまがないほどである。しかし本書に出てくる缶詰はそういった類が中に入っていない。「いったい何が入っているのだろう」という不思議な好奇心が私のなかにかき立てられてしまう。

本書はその「缶詰」を巡る物語である。通常であれば「缶詰」をあければそこで終わってしまうのだが、それまでのプロセスが、いかにも奇妙であり、かつ不思議なものである。本書の表紙にあるようなかわいさはほとんど無く、むしろおどろおどろしいものであるのだが、「怖い」という感情はほとんど無かった。むしろ「何が入っているのか?」という感情が常に優先してしまうからである。

しかも本書にてでてくる缶詰は一つではない。あけられたら次にまたラベルのない謎の缶詰がでてくる。しかも中身はすべて異なるのだから「次は何だろう」という好奇心をくすぐる。で、それを読んでいる自分もそのような体験してしまう、いわゆる「デジャヴ」な感覚に陥ってしまう。本書もラベルのない缶詰と同じように何がでてくるかわからない。そんな一冊である。

« 松岡修造の人生を強く生きる83の言葉 | トップページ | 2011年 F1ドイツGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/40881943

この記事へのトラックバック一覧です: ラベルのない缶詰をめぐる冒険:

« 松岡修造の人生を強く生きる83の言葉 | トップページ | 2011年 F1ドイツGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング