美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 夢をかなえる メモの習慣 | トップページ | 冷たい麺類、好きなのはどれ? »

世界は分けてもわからない

世界は分けてもわからない (講談社現代新書) 世界は分けてもわからない (講談社現代新書)
福岡 伸一

講談社  2009-07-17
売り上げランキング : 11218

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今から5年前、著者は「生物」と「無生物」とを分けて考えてみた。その本がベストセラーとなり著者の名も、生物学を知らない人たちにまで広がった。その続編は著者がこれまで生物や細胞など、生物に関して様々なものを「分けて」きたのだが、その「分けて」北先にはいったい何があったのだろうか。本書のタイトルにある「分けてもわからない」というのはどのようなプロセスでそう至ったのだろうか。

「生物と無生物のあいだ」も同様なことを思ったのだが、著者の著作がたちまち人気になる要因は「生物学」を「生物学」としての考察をそのまま出していない所にある。読者を意識しているのかどうかは著者の思考の奥底にしかないのだが、「生物学」を自らのエピソードとストーリーをのせながら「生物学」の世界に引き込ませる力がそこにはある。私たちの生活に関わっているがあまり知られていない、そして引き込ませる文章があることによって「生物学」の面白さを私たちに見いだしてくれているのかもしれない。

その引き込ませる中にその「プロセス」はあるのか、と言うとまさにタイトルのとおり「わからない」

« 夢をかなえる メモの習慣 | トップページ | 冷たい麺類、好きなのはどれ? »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(理数系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/40692894

この記事へのトラックバック一覧です: 世界は分けてもわからない:

« 夢をかなえる メモの習慣 | トップページ | 冷たい麺類、好きなのはどれ? »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング