美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« パワポ使いへの警告 | トップページ | 情報から真実をすくいとる力 »

最後の万歳師―尾張万歳家元 五代目長福太夫北川幸太郎

最後の万歳師―尾張万歳家元 五代目長福太夫北川幸太郎 最後の万歳師―尾張万歳家元 五代目長福太夫北川幸太郎
日川 好平

風媒社  2011-04
売り上げランキング : 1120492

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本の伝統芸能には様々なものがある。有名なものでは歌舞伎、能、狂言、文楽、浄瑠璃などがある。では本書のタイトルにある「万歳師」はいったいどのようなものなのか。

「万歳(萬歳)」は元々雅楽の千秋楽とともに「万歳楽」という曲が出ている。これは君主の長久(時代が長く続いたこと)を祝うために作られており、そこからできたと言われている。

本書はその中から「尾張万歳」の保存のために尽力している男たちの物語を綴っている。

「尾張万歳」は調べた所によると1996年に「重要無形民俗文化財」に指定されており、現在でも寄席などで観ることができるという。しかし戦後以降、尾張に限らず万歳の文化は衰退し、消滅、もしくは廃れてしまったものも少なくない。それを憂いた方々が保存活動を行い文化財に指定された。それだけではない。形式的に文化財となったのだが、それを受け継ぐ人が足りない。本章では「最後の万歳師」がいかにして万歳の魅力を教える、と同時に復活に向けて尽力したかを描いている。

歌舞伎とも狂言とも違う「万歳」の魅力が詰まっているように見えた一冊であった。

« パワポ使いへの警告 | トップページ | 情報から真実をすくいとる力 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/40847568

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の万歳師―尾張万歳家元 五代目長福太夫北川幸太郎:

« パワポ使いへの警告 | トップページ | 情報から真実をすくいとる力 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング