美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« アスペルガーですが、 妻で母で社長です。 | トップページ | 億万長者専門学校 実践編 »

消費社会のゆくえ―記号消費と脱物質主義

消費社会のゆくえ―記号消費と脱物質主義 消費社会のゆくえ―記号消費と脱物質主義
間々田 孝夫

有斐閣  2005-12
売り上げランキング : 429088

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「消費社会」というと「モノの消費から、ココロの消費に変わった」と言うのがおきまりの文句になってしまうのだが、今し方そうなっていると言っても仕方がない。「贅沢」に関してもそのことが言える。

本書もそれと同じことを言っているのだが、「記号消費」と「脱物質主義」の二本柱で「モノ」から「ココロ」への変遷を紐解いている所が特長にある。

かつて「モノ」に関してはそれほど恵まれていなかった。大量に買えるモノから高級、かつ個性的なモノへの渇望が変化していった。しかし時が経つにつれその志向ですら満足しなくなってしまった。

モノの満足に変わるもの、それは記号など「形のないもの」に変化をしていった。それが「ココロ」の充足へと満たしていったのだろう。

やがてその「ココロ」の充足も飽和していく。それが何年後、何十年後になるかわからない。その咲にどのような「欲求」が生まれるのか、それは私たちが知らない所で握っているのかもしれない。

« アスペルガーですが、 妻で母で社長です。 | トップページ | 億万長者専門学校 実践編 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/40804003

この記事へのトラックバック一覧です: 消費社会のゆくえ―記号消費と脱物質主義:

« アスペルガーですが、 妻で母で社長です。 | トップページ | 億万長者専門学校 実践編 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング