美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する | トップページ | 母性のゆくえ―「よき母」はどう語られるか »

地域力だ!ボーイスカウト―「そなえよつねに」をモットーに

地域力だ!ボーイスカウト―「そなえよつねに」をモットーに 地域力だ!ボーイスカウト―「そなえよつねに」をモットーに
森屋 啓

日貿出版社  2011-05
売り上げランキング : 59441

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイスカウトの名前は知っていても、どのような役割を担っているのか、どのような活動をしているのかわからない人も多いことだろう。私もボーイスカウトについて知ったのは大学生の時。ちょうど北海道に住んでいたが、あるローカル番組にてボーイスカウトの企画があったのだが、そのときに面白おかしく知ることができた(むしろ笑えた面が強かったのだが)。

ボーイスカウト(ガールスカウト)とはいったい何なのか、そしてどのような役割を担っているのだろうか。

その起源は1903年に少年向けに軍人の手引き書の教材を実践しようと思索した。その実験をカタチにしたのが1907年8月1日のことである。ちなみにこの日を「スカウト運動発祥の日」とし、その周辺の日を中心に4年に1回「世界スカウトジャンボリー」が行われているのである。

おそらく今年はボーイスカウトの役割がクローズアップされる。と言うのは4年に1度行われる「世界スカウトジャンボリー」がスウェーデンで行われるからである。もっと言うとその4年後には、その大会が山口県で行われる。イギリスで発祥したボーイスカウトは日本でも、知られるようになっていくだろう。

« たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する | トップページ | 母性のゆくえ―「よき母」はどう語られるか »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/40510435

この記事へのトラックバック一覧です: 地域力だ!ボーイスカウト―「そなえよつねに」をモットーに:

« たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する | トップページ | 母性のゆくえ―「よき母」はどう語られるか »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング