美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 絶対に信用できない言葉はどれ? | トップページ | バーレーンGPとインドGPと来年のスケジュール »

鏡の向こうに落ちてみよう 有栖川有栖エッセイ集

鏡の向こうに落ちてみよう 有栖川有栖エッセイ集 鏡の向こうに落ちてみよう 有栖川有栖エッセイ集
有栖川 有栖

講談社  2008-05-22
売り上げランキング : 473532

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ミステリー作家として有名な有栖川有栖のエッセイ集である。有栖川有栖の小説は読んだことがなく、彼の作品に触れるのはエッセイが初めてである。小説だとストーリーによって話を展開していくものであるが、エッセイはそれとは違い、著者自身の「体験」や「感想」、「思索」と言ったものが多くなる。それだけあって、著者自身の作風で日常や嗜好を愉しむことができ、かつあまり触れられることのない著者の意外な一面について触れる事ができる。

本書は主に台湾での体験談や自ら触れた作品の感想を綴っているが、著者自身のミステリー観を軸にしながら綴っている。自身の考えをあたかも「鏡」と喩え、そこから体験談を投影していっているように見える。

それがとりわけ際立っているのが阪神タイガーズの話題。著者の生まれ故郷をホームとしており、かつ著者の作品の舞台の多くが関西であるという。関西としての誇りか、関西人であることの誇りか、それを熱く、かつミステリアスの描写は何か引き込まれるものがあった。

« 絶対に信用できない言葉はどれ? | トップページ | バーレーンGPとインドGPと来年のスケジュール »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/40254995

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡の向こうに落ちてみよう 有栖川有栖エッセイ集:

« 絶対に信用できない言葉はどれ? | トップページ | バーレーンGPとインドGPと来年のスケジュール »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング