美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 時間・習慣・人脈 「伸び悩み」を脱出する3つのスイッチ | トップページ | 日本一の「実行力」部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術 »

ザ・パニック~1907年金融恐慌の真相~

ザ・パニック ザ・パニック
ロバート・ブルナー ジョン・カー 雨宮 寛

東洋経済新報社  2009-08-26
売り上げランキング : 133981

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3年前の恐慌は「100年に1度の恐慌」と言われており、1929年の「ブラック・サースデー」と比べられることが多い。しかしノーベル賞受賞の経済学者は今回の恐慌と類似点があるのはむしろ「1907年の金融危機」と類似点があると指摘している。これについて取り上げたメディアは少ないおろか、そもそも「1907年金融恐慌」について知る人は果たしているのだろうか、と言うのも疑問に思えてならない。「リーマン・ショック」と「ブラック・サースデー」という単純な比較から脱し、他に起こった金融恐慌とをどのような類似点があり、どのように脱したのかという格好の材料となるのが本書である。

では「1907年金融危機」はいったいどのようなものだったのか、あまり表沙汰になった事が無く史料も僅かであるため、端的にしか言えないのだが、独占的支配を目論む大企業群に対して不満が噴出した、これにより「反トラスト運動」が起こり、独占的支配を目論む大企業は軒並み分裂。そのことにより企業の株価は暴落してしまった。

この金融危機でウォール街の投資家らの資本投入により未然に防がれ、国際的な騒ぎは未然に防がれたと言われている。しかし当時は「日本銀行」や「FRB」のように中心的な銀行が無かったことが大きなネックとなった。その教訓から1913年に「FRB」が誕生した。

その100年後の現在ではまるで違った金融危機を迎えている。1907年以後の1929年でも、ブラック・マンデーでも、それぞれ形の異なった「恐慌」が起こっている事実がある。では「恐慌」に特効薬はあるのか、と言うとほぼ皆無に等しい。むしろ「セオリー」というものは存在しないのかもしれない。本書は解決のための特効薬を教えてくれるのではなく、「恐慌とはこういうものだ」という事実を教えてくれるに過ぎない。しかしその現実を受け止めるための「教訓」としての役割があるとすれば、大いに役立つ1冊である。

« 時間・習慣・人脈 「伸び悩み」を脱出する3つのスイッチ | トップページ | 日本一の「実行力」部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/40387921

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・パニック~1907年金融恐慌の真相~:

« 時間・習慣・人脈 「伸び悩み」を脱出する3つのスイッチ | トップページ | 日本一の「実行力」部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング