美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« あたらしい社員の教科書 | トップページ | ヤンキー最終戦争 本当の敵は日教組だった »

頂きはどこにある?

頂きはどこにある? 頂きはどこにある?
スペンサー・ジョンソン 門田 美鈴

扶桑社  2009-09-08
売り上げランキング : 44832

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11年前に「チーズはどこへ消えた?」が出版され、現在でも売れ続け、愛されているベストセラーとなった。本書はその続編にあたる一冊であるが、テーマは「山」と「谷」である。

よく「人生山あり谷あり」と言われるのだが、本書はまさに人生の「谷間」に住む若者がいかにして這い上がっていったのか、そして頂に立つだけではなく、いかに「立ち続けられた」のかと言うことも寓話とともに這い上がれる心を教えてくれる。

読んでいくと、本書の最初は、まさに今の日本を投影しているかのようであった。震災もある。そうでなくても、経済的な閉塞感により、日本経済は本当の意味での「谷」に立たされている。その「谷」の中、逆境の中でそのように這い上がることができるのか、と言う術を教えてくれる事を考えると本書はまさに「旬」なのかもしれない。

現実を悲観する、もしくは批判するのは誰でもできる。今ある現実のなかで「真実を見つける」「利点を見つける」事は可能である。今ある現実の中で見つけられる宝やチャンスを見つけ出して、その中でどう対応をするのかを見つけていく。そのことによっていつの間にか「山」の頂に立てるのだという。一見「簡単」そうに見えるのだが、結構奥深く、かつ重要な事が数多く隠されている、そんな一冊である。

« あたらしい社員の教科書 | トップページ | ヤンキー最終戦争 本当の敵は日教組だった »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/39493030

この記事へのトラックバック一覧です: 頂きはどこにある?:

« あたらしい社員の教科書 | トップページ | ヤンキー最終戦争 本当の敵は日教組だった »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング