美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 大失業時代 | トップページ | 組織力 宿す、紡ぐ、磨く、繋ぐ »

預言

預言 (ハヤカワ・ノヴェルズ) 預言 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
ダニエル・キイス 駒月雅子

早川書房  2010-05-07
売り上げランキング : 377994

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書を紹介する前に、「予言」と「預言」の2つの言葉の違いを紹介したい。

「予言」・・・未来の物事を予測して言うこと。また、その言葉。
「預言」・・・キリスト教で、神託を聴いたと自覚する者が語る神の意志の解釈と予告。また、それを語ること。(いずれも「goo辞書」より)

本書はタイトルにあるとおり後者のことを指しており、9.11事件以後の世界をフィクションという形で映した作品である。

「9.11」と「預言」、陰謀論の話となってしまうがこれには密接な関係があり、一時期TV番組や書籍などで「聖書の暗号」というのが話題となった。その暗号には9,11が起こることも書いてあり、注目された。聖書の暗号については他の予言と同じく、都市伝説の可能性があるため、信憑性はあるとはいえない。

それはさておき、本書の著者ダニエル・キイスと言うとまず連想するのは日本でもTVドラマにもなった「アルジャーノンに花束を」を思い浮かべる。知的障害者の奮闘を描いているが、本書は境界性精神障害を持った人を主人公に据えながら、9.11事件という外的要因とともに精神障害を持つ、という内的要因の双方に要因を持つ主人公を描いている。「二重苦」という言葉を使うのは正しいのかわからないが、内的にも外的にも絶望の淵に立ちながらも主人公は一筋の希望を見つけ、それを目指していく姿に本書を読んでいる私も心を打たれた。

本書は心的に悩んでいる人にとっては是非読んで欲しい一冊である。

« 大失業時代 | トップページ | 組織力 宿す、紡ぐ、磨く、繋ぐ »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/39603452

この記事へのトラックバック一覧です: 預言:

« 大失業時代 | トップページ | 組織力 宿す、紡ぐ、磨く、繋ぐ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング