美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 書いて生きていく プロ文章論 | トップページ | iPadバカ タブレットにとり憑かれた男の究極の活用術 »

B/W(ブラック オア ホワイト) 完全犯罪研究会

B/W(ブラック オア ホワイト) 完全犯罪研究会 B/W(ブラック オア ホワイト) 完全犯罪研究会
清涼院流水

太田出版  2009-05-28
売り上げランキング : 407510

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

物語は児童失踪事件から10年経った時から始まる。この事件とこの事件の犯人、そして「日本犯罪史上もっとも有名な被害者」の女性が交錯した作品となっている。

ミステリー小説の中でも、本書ほど戦慄の走った作品はない。むしろミステリーであり、推理モノであり、かつ所々ニーチェの引用も散りばめられている。難解なようでいて、謎を含みながらも描かれている。

さらに魅力的だったのは最後。おおよその推理小説やミステリーは解決してハッピーエンドに終わるパターンが多いが、本書はそれとは大きく違っており、「続編」があるのではないかというような終わり方をしている。まだまだ事件が起こる、恐怖はこれからだ、というような終わらせ方は著者の作品をもっと読みたくなる感情を引き立たせてくれる。

« 書いて生きていく プロ文章論 | トップページ | iPadバカ タブレットにとり憑かれた男の究極の活用術 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/38688514

この記事へのトラックバック一覧です: B/W(ブラック オア ホワイト) 完全犯罪研究会:

« 書いて生きていく プロ文章論 | トップページ | iPadバカ タブレットにとり憑かれた男の究極の活用術 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング