美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 戦後思想は日本を読みそこねてきた―近現代思想史再考 | トップページ | 時計の時刻、いつもぴったりに合わせてる? »

インタビューの教科書

インタビューの教科書 インタビューの教科書
原 正紀

同友館  2010-11
売り上げランキング : 49555

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私は仕事柄インタビューをする機会はあまりない。とはいえ、本職のSEでも顧客から要件やその詳細に至るまで訪ねる事があるため、インタビューと通底する所はある。本書はインタビュアーを目指す人、もしくは取材する機会が多い人で、まだ駆け出しの人たちに読まれるような一冊であるが、営業をする人、あるいは顧客との折衝の時に使えるエッセンスが多い。

インタビュー前の企画やアプローチ、本番前の情報収集などがある。その中でも注目したのは「情報収集」。その量と質によって質問の深さも変わってくる。
また話の流れをコントロールするのもインタビュアーの役目である。おそらく質問と同じくらい重要な位置にいるとも考えられる。

インタビューの基礎、そして神髄だけではなく、会話の流れを掴みながら相手のことをうまく聞き出せるか、と言う観点からも学ぶべき所の多い一冊である。

« 戦後思想は日本を読みそこねてきた―近現代思想史再考 | トップページ | 時計の時刻、いつもぴったりに合わせてる? »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/38598379

この記事へのトラックバック一覧です: インタビューの教科書:

« 戦後思想は日本を読みそこねてきた―近現代思想史再考 | トップページ | 時計の時刻、いつもぴったりに合わせてる? »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング