美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 101歳のアスリート | トップページ | インタビューの教科書 »

戦後思想は日本を読みそこねてきた―近現代思想史再考

戦後思想は日本を読みそこねてきた―近現代思想史再考 (平凡社新書) 戦後思想は日本を読みそこねてきた―近現代思想史再考 (平凡社新書)
鈴木 貞美

平凡社  2009-12
売り上げランキング : 373756

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「戦後思想」と言っても一括りには言えないのだが、少なくとも「戦前」の日本、そして大東亜戦争のあり方を否定し、現在の日本はどうあるべきかを説いていた。その代表的人物として大江健三郎、吉本隆明、丸山眞男を挙げている。

もっとも日本における「戦後思想」とはいったい何だったのだろうか、と言うことから考えなくてはならない。戦後日本は戦争に対する嫌悪感、さらには「安保闘争」など政府などの強者に対する抵抗の激しさにより、「革命思想」が強まったとされる。前述の「安保闘争」の他には「大学紛争」などが挙げられる。

第二次世界大戦が終わって65年経つが、それでもなお「戦後思想」は蔓延している。ましてや日本に対し、快く思っていない国も「戦争責任」などに乗じて日本に対して不利な要求を突きつける道具にしている。「戦争」の記憶は忘れてはならないが、「戦後思想」という呪縛は早く解かなければならない、というよりも「戦後思想」を利用し、騙されていることに早く気づいた方が良い。

« 101歳のアスリート | トップページ | インタビューの教科書 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/38584801

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後思想は日本を読みそこねてきた―近現代思想史再考:

« 101歳のアスリート | トップページ | インタビューの教科書 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング