美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« カラヤンがクラシックを殺した | トップページ | 寿命論―細胞から「生命」を考える »

なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか

なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか
中崎 隆司

彰国社  2007-06
売り上げランキング : 468294

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ハコモノ行政」が始まったのは高度経済成長期、時期的に言うとちょうど田中角栄が首相だった時に遡る。日本の至る所に道路が敷設し、高速道路が造られ、さらに美術館や音楽ホールと言った物が乱立した。また東京を中心とした首都圏では高層ビルが建てられ「一極集中化」に拍車をかけた。しかしそれはずっと続かず、バブル崩壊頃からは「ハコモノ行政」も減少していった。ただその名残は未だに残っている現状がある。

本書はそのことについて考察をしながらも批判も行っている一冊であるが、ちょっと興味深いのが、「大規模再開発に、なぜ建築家は関われないのか」である。東京では秋葉原や虎ノ門など様々な所で「再開発」が行われている。最も規模の大きい所だと丸の内と言った所だろう。だがこの建設に携わっている多くは建築家と言うよりも外資の建設事務所が携わっているのだという。大規模開発は日本人には向かない、もしくは信用できないと言うのだろうか。

著者は建築をテーマに取材や執筆を行いながら、生活環境にまつわる街づくりや都市計画を行っている。とりわけ地方の街づくりに関しては思い入れが強かったように思える。現に街づくりのプロデュースを行った所のエピソードも交えているため、都市計画を専攻、もしくは都市計画にまつわる企業に勤められている人であればおすすめである。

« カラヤンがクラシックを殺した | トップページ | 寿命論―細胞から「生命」を考える »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/38535753

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか:

« カラヤンがクラシックを殺した | トップページ | 寿命論―細胞から「生命」を考える »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング