美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか | トップページ | 辛い飴―永見緋太郎の事件簿 »

寿命論―細胞から「生命」を考える

寿命論―細胞から「生命」を考える (NHKブックス) 寿命論―細胞から「生命」を考える (NHKブックス)
高木 由臣

日本放送出版協会  2009-01
売り上げランキング : 313341

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人間にも例外がないように、動物・植物などありとあらゆる「生きる」ものには「寿命」が存在する。しかし生物によってはわずか数秒で寿命を迎えたり、あるいは「鶴は千年、亀は万年」という言葉の如く長生きする。

本書は「細胞」という観点から寿命のメカニズムに迫った一冊である。同時に神話における人物の寿命についても述べられており、旧約聖書における人物の中では900歳台まで生きた人物(ノア・アダム・メトセラなど)は7人にも上る。昨年の秋頃言われていた所在不明の高齢者もびっくりと言えるほどである。ただ細胞学など生物の観点から前述の物を見るのはなかなか難しい。もしそれができたら「不老不死」も夢ではないのだから。

それはさておき、昨今では人間の寿命も延びてきている。衛生環境が良くなったのかからと言えばそれまでかもしれないが、もしかしたら環境の変化により、細胞にも変化が表れ、寿命が延びたのではないか、とも考えられる。細胞と寿命の相関関係はまだ解明されていない所が多いとなると、本書だけに終わらず、さらなる「寿命論」が見られるのかもしれない。

« なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか | トップページ | 辛い飴―永見緋太郎の事件簿 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(理数系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/38548700

この記事へのトラックバック一覧です: 寿命論―細胞から「生命」を考える:

« なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか | トップページ | 辛い飴―永見緋太郎の事件簿 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング