美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 辛い飴―永見緋太郎の事件簿 | トップページ | 戦後思想は日本を読みそこねてきた―近現代思想史再考 »

101歳のアスリート

101歳のアスリート 101歳のアスリート
下川原 孝

朝日新聞出版  2008-07-18
売り上げランキング : 430320

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本は「高齢化社会」と言われて久しく、平均寿命も戦後間もない頃とは比べものにならないほどの長寿国となった。しかも「ただ長寿が多くなった」だけではなく、「パワフルなご年配の方が増えた」ということもある。
本書は御年101歳ながらやり投げと円盤投げのマスターズ世界記録を保持しているアスリートの自伝である。

今の時代となってはこういうご年配の方もいても不自然ではないのだが、何と言っても「若い」と言われるような生活、青春を送られている。マスターズ陸上に向けてひたむきに練習を史、自らの体力と相談しながらも元気な生活をし、それでいながら仲間と酒を飲み交わすなど謳歌した生き方をしている。

私はまだ25歳の若輩者であるが、もし私が定年を迎えた時、さらに80歳、100歳を迎えるまでに何をしたいのかという道標ができる様な一冊である。それだけではない。著者よりも若干年下の世代、そう定年退職を迎えた世代、もしくはこれから迎えようとしている世代にもぜひ読んでいただきたい一冊である。自らが年老いたとしてもそれを感じさせず、そして自らの余生を謳歌できる人生、人にもよるが私が年老いた時にそのような人生を送りたいものである。

« 辛い飴―永見緋太郎の事件簿 | トップページ | 戦後思想は日本を読みそこねてきた―近現代思想史再考 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/38563472

この記事へのトラックバック一覧です: 101歳のアスリート:

« 辛い飴―永見緋太郎の事件簿 | トップページ | 戦後思想は日本を読みそこねてきた―近現代思想史再考 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング