美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 年末年始のイベント、楽しみなのはどっち? | トップページ | 注射のとき、針を見る? 目をそらす? »

なぜ雇用格差はなくならないのか

なぜ雇用格差はなくならないのか―正規・非正規の壁をなくす労働市場改革 なぜ雇用格差はなくならないのか―正規・非正規の壁をなくす労働市場改革
小林 良暢

日本経済新聞出版社  2009-03
売り上げランキング : 284243

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

非正規雇用の概念が生まれたのは高度経済成長期に入ってからである。ちょうどその頃は経済成長が著しく、正規雇用では人手がまかないきれないということで、「パートタイム」や「アルバイト」を雇い、人材を集めた。一つ前の好景気でも同様のことが起ったのだが、この頃から「非正規雇用」という言葉が多用され、「雇用格差」もあちらこちらでいわれるようになった。「非正規雇用」の言葉自体は日本でしか使われないのだが、それと似た形態は韓国やアメリカなどが行っている。しかし日本ほどこのことについて深刻にとらえている国はないと考える。

そもそも、「非正規雇用」はなぜなくならないのか。それは人件費など費用の削減をしなければならないという考えそのものにある。確かに経営に関して多くの利益を出すためには売り上げの上昇と費用の削減は至上命題であるが、「削減」の中でもまずどこから削減をしたらよいのか、という順序立ても経営者それぞれであるが…。

解決策はあるのかと言うと、国や地方単位、会社単位では行っている所はある。しかし、「格差」と言う言葉はこの世からなくなることはない。人間という以前に「動物」である限りは。というのは猿やライオンといった動物にも「ボス」をはじめ、様々な階級が自然につく。それと同じように人間にも差はあれど、「差」や「格」の違いはある。問題が顕在化されるのは、その「差」の程度と、それについて騒ぎ立てるメディアのせいではなかろうか。

« 年末年始のイベント、楽しみなのはどっち? | トップページ | 注射のとき、針を見る? 目をそらす? »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

>職務経歴書の書き方の見本さん

コメントありがとうございます。
また是非遊びに来てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/38098165

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ雇用格差はなくならないのか:

« 年末年始のイベント、楽しみなのはどっち? | トップページ | 注射のとき、針を見る? 目をそらす? »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング