美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« スポーツと政治的なるもの―英国法からの問い | トップページ | 年末恒例ランキング2010 vol.1 「理数系」本ランキング »

池袋チャイナタウン

池袋チャイナタウン ~都内最大の新華僑街の実像に迫る 池袋チャイナタウン ~都内最大の新華僑街の実像に迫る
山下 清海

洋泉社  2010-10-16
売り上げランキング : 163730

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「チャイナタウン」というと横浜の石川町を連想させる。そこには「横浜中華街」があり、中国人も数多くいる場所でも知られている。

しかし「チャイナタウン」は他にもあり、石川町以上に大規模な場所があった。

その場所は「池袋」である。あまり馴染みの薄いような印象を受けるが、昔から中国人の多かった石川町と比べ、池袋は最近急成長してきた「チャイナタウン」である。本書では「新華僑」と表記されている。具体的には池袋駅北口から程なく歩いた所に中国人が駅前で携帯電話をもって中国語で話す姿が点在するという。しかしこれは都市部の駅であればどこにでもある光景だが、それが夜になると中国系の店や中国人であふれる。

しかし弊害もある。元々そこで商売をしている商店街や町内会では中国人、とりわけ「新華僑」の人たちのマナーの悪さに頭を悩ませている。何度も苦情を言っているのだがその人たちは意に介さない態度をしている。また日本人特有の横の連携も希薄であり、横浜中華街にあるような「協会(横浜中華街発展会)」の組織もそれほど存在せず、またあったとしてもなかなか発展しないのが現状としてある。

この弊害を消すためには、著者は「対話」の重要性を強調している物の、現実として日本と中国、さらには中国人同士のコミュニケーションがとれるかどうかと言うのも大きな課題としてある。

« スポーツと政治的なるもの―英国法からの問い | トップページ | 年末恒例ランキング2010 vol.1 「理数系」本ランキング »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/38192164

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋チャイナタウン:

« スポーツと政治的なるもの―英国法からの問い | トップページ | 年末恒例ランキング2010 vol.1 「理数系」本ランキング »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング