美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« お酒を飲むとどうなるタイプ? | トップページ | ほめ言葉の法則―心理カウンセラーが教える101のテクニック »

もっと知りたい上方文化―過去と現在を訪ねる

もっと知りたい上方文化―過去と現在を訪ねる もっと知りたい上方文化―過去と現在を訪ねる
日本経済新聞社

日本経済新聞出版社  2008-01
売り上げランキング : 868731

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上方文化として代表的な物を挙げるとしたら、落語と歌舞伎、さらには宝塚や浄瑠璃などがある。他にも「文化」という括りで行くと「茶の湯」も古都・京都から来ており、漫才も大阪流の物は今でも衰えを知らない。

さて最初に挙げた落語や歌舞伎では代表的な人物として、落語では三代目桂米朝、歌舞伎では四代目坂田藤十郎がいる。とりわけ坂田藤十郎は江戸の市川團十郎と並んでの大名席である。市川團十郎は「荒事の名手」と呼ばれ、坂田藤十郎は「和事の名手」と言われている。

本書はその上方文化の今昔について記された一冊であるが、一時期廃れそうになった危機があった。とりわけ上方落語は漫才の勃興により、その煽りを受け上方落語は危機に立たされた。その中で復興に尽力をしたのは五代目笑福亭松鶴を始め六代目笑福亭松鶴・三代目桂米朝・五代目桂文枝・三代目桂春團治の四天王である。

私自身、落語や歌舞伎と言った物が好きなので、と言う理由で手に取ったのだが、江戸とは違う芸の深さと広さ、さらには文化の凄さを感じさせた一冊である。

« お酒を飲むとどうなるタイプ? | トップページ | ほめ言葉の法則―心理カウンセラーが教える101のテクニック »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/38023350

この記事へのトラックバック一覧です: もっと知りたい上方文化―過去と現在を訪ねる:

« お酒を飲むとどうなるタイプ? | トップページ | ほめ言葉の法則―心理カウンセラーが教える101のテクニック »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング