美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 池袋チャイナタウン | トップページ | 年末恒例ランキング2010 vol.2 「社会科学」本ランキング »

年末恒例ランキング2010 vol.1 「理数系」本ランキング

もうすでに年末恒例と自分でなってしまっている、書評、及びF1の記事ランキングです。このランキングは自分の独断と偏見で印象に残った本、F1レースを決めると言う趣旨でやってます。

2008年、2009年に続いて今回が3回目。昨年と同じような感じでやっていこうと思います。

この企画のトップバッターは「理数系」の本のランキング。

今年は11冊しか取り上げられず、寒々しい分野となってしまいました。。。

今回はその中から印象に残った本を3冊取り上げようと思います。

第3位:「科学技術は日本を救うのか」

この本はDISCOVERサイエンスが創刊号として発売された3冊のうちの1冊で、どちらかというと科学の話と言うよりも「科学技術立国、ニッポン」としての話であり、社会的な要素が多かった一冊です。その本の著者らとディスカヴァー・ブッククラブでの講演も拝聴しましたが、事業仕分けによりその地位が揺らいできてしまった様に思えます。

しかし今年は鈴木章氏、根岸英一氏にノーベル化学賞が受賞され、一昨年にも物理学賞を受賞された方がいるほどです。

「科学技術立国」として何をすべきか、と言うのを説いている所に関心と、疑問点が出るなど充実した一冊でした。

第2位:昆虫食古今東西

インパクトで言ったらナンバーワンの一冊でした。ある種「ゲテモノ食い」と言われかねないのですが、ニッポンでもイナゴにザザムシ、蜂の子など俗に「珍味」と言われるモノもあります。本書は世界各国の「昆虫食」を集めた一冊で、驚きとともに「食べてみたい」という奇妙な好奇心をかき立ててしまった一冊でした。

第1位:いちばんやさしいネットワークの本

本職はSEですが、仕事に直結した本を読むことはほとんどなく、さらには当ブログで書評をすると言うことはありません。本職とブログと混同するのが個人的に嫌なので。。。

で、今年システム関連で取り上げたのはこの1冊だけでした。ネットワーク本ですが、「いちばんやさしい」という名のとおり、図解もふんだんに使われており、本当にわかりやすくつくられていました。ネットワークというと普段は当たり前に使っていますが、技術的なこととなると取っつきにくい部分もあります。しかし、本書はそれの初心者向けにはもってこいの一冊で、経験者でも、わかりにくかった部分を補強できる絶好の一冊です。

次回は「社会科学」本ランキング。

« 池袋チャイナタウン | トップページ | 年末恒例ランキング2010 vol.2 「社会科学」本ランキング »

書評の部屋」カテゴリの記事

コメント

三橋先生、一度お目にかかりました。

年輩のかたでしたがとってもていねいに
いろいろ教えていただきました

>齊藤正明さん。

おひさしぶりです。

>三橋先生、一度お目にかかりました。

>年輩のかたでしたがとってもていねいに
>いろいろ教えていただきました

教えていただけたのは、昆虫や昆虫食についてですか?
私も機会があれば是非お聞きしたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/38214464

この記事へのトラックバック一覧です: 年末恒例ランキング2010 vol.1 「理数系」本ランキング:

« 池袋チャイナタウン | トップページ | 年末恒例ランキング2010 vol.2 「社会科学」本ランキング »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング